スマートフォン版へ

シンゲン、11か月ぶりの復帰初戦を白星で飾る/オールカマー

  • 2010年09月26日(日) 15時45分
 26日、中山競馬場で行われた第56回オールカマー(3歳上、GII・芝2200m)は、藤田伸二騎手騎乗の5番人気シンゲンが、中団追走から徐々に進出し直線で内を突いて伸びると、出遅れ後方からの競馬となった1番人気ドリームジャーニーの追撃をクビ差抑えて優勝した。勝ちタイムは2分11秒4(良)。さらにクビ差の3着には6番人気トウショウシロッコが入った。

 勝ったシンゲンは、昨年のオールカマーで3着に入着。続く天皇賞・秋(GI)では2番人気に推されたものの5着に敗れ、直後に4度目の骨折が判明し休養入りを余儀なくされていた。今回は天皇賞以来となる11か月ぶりの復帰初戦だった。

【勝ち馬プロフィール】
シンゲン(牡7)
父:ホワイトマズル
母:ニフティハート
母父:サンデーサイレンス
母:ニフティニース(関屋記念-GIIIなど重賞2勝)
厩舎:美浦・戸田博文
通算成績:17戦9勝(重賞3勝)
主な戦績:09年エプソムC(GIII)、09年新潟大賞典(GIII)など

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す