スマートフォン版へ

スーパージョッキーズトライアル第1ステージは荒尾の杉村一樹騎手がトップ

  • 2010年10月04日(月) 19時00分
 東京競馬場で行われる第24回ワールドスーパージョッキーズシリーズの地方競馬代表騎手の選定競走、「スーパージョッキーズトライアル(SJT)2010」の第1ステージが4日(月)、盛岡競馬場で開催された。

 SJT第1戦「シルバースパー賞」をオヤマハリケーンで優勝した荒尾の杉村一樹騎手が合計26点でトップに立ち、第2戦「シルバーホイップ賞」をサクラアーバンで優勝した大井の戸崎圭太騎手が21点で2位に付けている。

 10月14日(木)に門別競馬場で行われる第2ステージには、第1ステージに引き続き14名の騎手が出場。第3戦「シルバーサドル賞」、第4戦「シルバーブーツ賞」の2レースでWSJS地方競馬代表騎手の座をかけた最後の闘いが繰り広げられる。第1ステージ終了時点での順位とポイントは以下の通り。

【第1ステージ順位】
01 杉村一樹(荒尾)…26P
02 戸崎圭太(大井)…21P
03 的場文男(大井)…19P
04 東川公則(笠松)…19P
05 小林俊彦(岩手)…17P
06 川原正一(兵庫)…15P
07 岡部誠(愛知)…15P
08 服部茂史(北海道)…14P
09 坂井英光(大井)…12P
10 今野忠成(川崎)…12P
11 山口勲(佐賀)…6P
12 岡崎準(福山)…6P
13 赤岡修次(高知)…4P
14 吉原寛人(金沢)…2P

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す