[海外]ニュース

日本馬ワンツー! ヴィクトワールピサ優勝/ドバイワールドC

[海外] 2011年03月27日(日)12時15分

注目数:0人
コメント数:0件

 現地時間26日、ドバイ・メイダン競馬場で行われたドバイワールドC(北半球産馬4歳上、南半球産馬3歳上、首G1・AW2000)は、M.デムーロ騎手騎乗のヴィクトワールピサが、最後方追走からレース途中で先団に取り付くと、逃げたトランセンドとの叩き合いを1/2馬身差制し優勝した。勝ちタイムは2分05秒94(良)。さらに1/4馬身差の3着にモンテロッソ Monterosso(UAE)が入った。ブエナビスタは後方からレースを進めたが伸びを欠き8着に敗れている。

 今回で16回目となる世界最高峰(1着賞金:約4億8000万円)レース・ドバイワールドCで、日本調教馬の優勝は史上初の快挙。これまでは01年トゥザヴィクトリーの2着が最高だった。過去にホクトベガアグネスデジタルアドマイヤドンカネヒキリヴァーミリアンなど多くの名馬が挑み敗れていたが、14回目、延べ21頭目の挑戦で悲願を達成した。

 ドバイ国際競走における日本調教馬のG1制覇は、ハーツクライの06年ドバイシーマクラシックアドマイヤムーンの07年ドバイデューティーフリーに続く3勝目となる。

 鞍上のデムーロ騎手はレース直後のインタビューで「ドバイワールドCを勝つなんて信じられません。日本を愛しています、ありがとう」と涙ながらに語った。

【勝ち馬プロフィール】
ヴィクトワールピサ(牡4)
父:ネオユニヴァース
母:ホワイトウォーターアフェア
母父:Machiavellian
厩舎:栗東・角居勝彦
通算成績:13戦8勝(うち海外3戦1勝、重賞6勝)
主な勝ち鞍:10年皐月賞(GI)、10年有馬記念(GI)、10年弥生賞(GII)、11年中山記念(GII)、09年ラジオNIKKEI杯2歳S(GIII)

【関連記事】
[プロフィール] ヴィクトワールピサのプロフィール/掲示板
[プロフィール] トランセンドのプロフィール/掲示板
[プロフィール] ブエナビスタのプロフィール/掲示板
[コラム] 合田直弘がドバイWCナイトを展望

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント

このニュースへのコメント

コメントを投稿する

まだコメントの投稿はありません。あなたの投稿をお待ちしております。