スマートフォン版へ

2冠牝馬カワカミプリンセスの初仔が誕生

  • 2012年04月03日(火) 00時00分
 史上初めて不敗のままオークス、そして秋華賞を制したカワカミプリンセス(牝9歳)が3月14日、北海道新ひだか町の三石川上牧場で父コマンズの鹿毛の牝馬を出産した。

 コマンズ(父デインヒル)は豪州で勝馬数、勝鞍数1位を記録したトップサイアー。日本には2010年から2年間だけシャトル供用されていた。三石川上牧場の上山浩司社長は「父親に似た体のラインを持っています。お母さん同様に多くのファンに愛される馬になって欲しい」と期待している。

 カワカミプリンセスは通算成績17戦5勝。2006年には最優秀3歳牝馬、同最優秀父内国産馬に表彰されている。

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す