タレコミニュース

2005年の凱旋門賞馬ハリケーンラン死去

[タレコミ] 2016年12月15日(木)14時38分

注目数:4人
コメント数:2件

ネタ元のURL:http://uma-jin.net/pc/news/umajin_news_detail.do?und_id=17645&page=1

2005年の凱旋門賞(ロンシャン、GI、芝2400m)や2006年のキングジョージ6世&クイーンエリザベスS(アスコット、GI、芝12F)などを制したハリケーンラン(牡14)が、繋養先のドイツで手術中の合併症のため亡くなった。英・レーシングポストなど各メディアが報じている。

同馬は、1999年の凱旋門賞モンジューの産駒で、現役時代はフランスのアンドレ・ファーブル厩舎に所属。デビュー3連勝で挑んだ仏ダービーは2着に敗れたが、続く愛ダービー(カラ、GI、芝12F)で初のGIタイトルを獲得すると、秋には凱旋門賞を制し、同年のヨーロッパ年度代表馬に選出された。さらに、翌2006年のキングジョージ6世&クイーンエリザベスSでは、日本から挑んだハーツクライドバイワールドCの勝ち馬エレクトロキューショニストとの激闘を制して4度目のGI制覇。以降は4戦して未勝利に終わったが、通算14戦8勝という成績を残し、2006年に引退した。

種牡馬入り後はそれほど大成していないが、産駒のエクト(牡5、米・T.プレッチャー)が今年のジョーハーシュターフクラシックS(ベルモントパーク、GI、芝12F)を制している。

提供:http://uma-jin.net/pc/news/umajin_news_detail.do?und_id=17645&page=1

タレコミ記者 : ゲストさん

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント

このニュースへのコメント

コメントを投稿する
  • スーパーやっちさん
    スーパーやっちさん
     投稿から1日後のコメントですが、ビックリしています。10年前、日本の競馬Fanが、眠い目をこすりながら

    ・ハーツクライの キングジョージ6世&QEDS(英G1)
    ・ディープインパクトの 凱旋門賞(仏G1)

    を観戦した事を思い出しました。その時、日本の悲願を打ち砕く難敵として、立ちはだかった事が、今も記憶に残っています。

     また、父:モンジュー[Montjeu]の続き、父仔で日本の悲願を砕いた事も、日本のfanのみならず、競馬関係者に印象付いている事も思い出しました。

     ご冥福をお祈りします。
    -----
     ゲストさん、念の為ですが、本文中に血統の記載がありません。私が、添えておきます。

    父:Montjeu、母:Hold On (母父:Surumu)。
    血統表URL: http://www.pedigreequery.com/hurricane run [Pedigree Queryより]

    2016年12月16日(金)21時39分

    いいね! いいね!:1
  • レーティング140さん
    レーティング140さん
    これはなおさらキャメロットに頑張ってもらわないとな。

    2016年12月16日(金)14時18分

    いいね! いいね!:1

みんなのタレコミニュースは、ユーザーが作成したニュース記事です。