タレコミニュース

【園田競馬】4日で勇退の橋本調教師有終V

[タレコミ] 2017年01月03日(火)23時08分

注目数:0人
コメント数:0件

ネタ元のURL:http://www.hochi.co.jp/horserace/20170103-OHT1T50137.html

世代交代がスムーズに出来たのでしょうが、お疲れ様でした。

3日の園田競馬10R・第59回新春賞(ダート1870メートル=ハンデ戦・12頭立て)は、2番人気のエイシンニシパ(牡4歳、吉村智洋騎乗)が制覇。4日付で勇退する橋本忠男調教師(69)は、ラスト重賞で有終の美を飾った。

 道中は好位で手応え良く進め、最後の直線へ。パワフルな脚で抜け出し、ゴール前ではタガノトリオンフの猛追を鼻差でしのいだ。

 同馬は重賞3勝目。橋本忠男調教師は通算1374勝目で、重賞は52勝目。手綱を執った弟子の吉村智洋騎手(32)は重賞8勝目となった。

 今後、エイシンニシパは息子の橋本忠明調教師(40)が管理する。4日には橋本忠男調教師の引退セレモニーが園田競馬場で行われる。

 吉村智洋騎手エイシンニシパ=1着)「(首差2着だった去年の)兵庫ダービーのように、また負けたと思いました。(涙を流しながら)現時点での僕の技術を全て出しました。出来はメチャメチャ良かったし、恩返しができました」

 橋本忠男調教師(エイシンニシパ=1着)「負けたかと思った。こんなドラマチックなことは人生で一度あるかないか。トモ(吉村智洋騎手)のインタビューを見ていたら、もらい泣きしてきた」

 下原理騎手タガノトリオンフ=2着)「いいレースをしたんだけど…。少し窮屈なところがあった」

 杉浦健太騎手アサクサセーラ=3着)「前2頭の脚がすごかった。それでも、よく頑張っている」

 木村健騎手バズーカ=7着)「ペースが落ち着いて、よく辛抱していたが、最後はアップアップになった」


提供:http://www.hochi.co.jp/horserace/20170103-OHT1T50137.html

タレコミ記者 : ききょうさん

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント

このニュースへのコメント

コメントを投稿する

まだコメントの投稿はありません。あなたの投稿をお待ちしております。

みんなのタレコミニュースは、ユーザーが作成したニュース記事です。