タレコミニュース

Brametotぶち抜きで仏2000ギニー制覇!

[タレコミ] 2017年05月14日(日)23時48分

注目数:0人
コメント数:2件

ネタ元のURL:http://www.paris-turf.com/programme-courses/2017-05-14/reunion-deauville/resultats-rapports/abu-dhabi-poule-d-essai-des-poulains-1020513

 5月中旬・・・春の大レースが目白押しの季節です。今日も、仏 ドーヴィル競馬場[Hippodorme de Deauville]にて、G1が2Rありました。2R目は、

仏2000ギニー(仏G1)[Abu Dhabi Poule d'Essai des Poulains](芝1600m(直) /3歳牡馬)

がありました。

 頭数は 13頭、馬場状態は Souple(重)でした。

 今年は、叩き2戦目の ナショナルディフェンス[National Defense](16ジャンリュックラガルデール賞(仏G1)優勝) が人気でした。

 レースは、Brametotが立ち上がり加減のスタート。最初の1・2Fで観客寄りの埒と馬場の真ん中に2つの馬群が出来て進む。

 道中は、真ん中馬群をリヴェット[Rivet](16レーシングポストT(英G1)優勝)が先導し、観客寄りの埒を マンキブ[Mankib](3戦2勝)が先導。

 道中は、先頭〜最後方まで5馬身圏内で進む。

 残り700m辺りに入ると、馬群が真ん中に凝集し、叩き合いへ。その叩き合いは、観客から最も遠い位置から ルブリヴィド[Le Brivido](2戦無敗)が抜け出す。

 そのまま勝利したかに思えたが、それを最後方からまとめて Brametotが差し切り勝ちを挙げました。

 Le Brividoは、惜しくも2着。3着は、Rivet。人気の National Defenseは、直線で戦意を喪失し、殿大敗。

 勝ち時計は 1:36.82s。

 勝った Brametotは 牡3歳。G1初勝利。

 騎乗は クリスチャン デムーロ[Cristian Demuro]騎手。管理は ジャン・クロウド ルジェ[Jean-Claude Rouget]調教師。

 血統は 父:Rajsaman、母:Morning Light (母父:Law Society)。
----------
【追記1】
 ネタ元URLは、Paris Turfによるこのレースの全着順一覧です。

【追記2】
 勝った Brametotの血統一覧表も有ります。

●血統表URL : http://www.pedigreequery.com/brametot [Pedigree Queryより]

【追記3】
 レース映像も一部ですが添えておきました。下記URLより御覧下さい。

●レース映像URL : https://www.youtube.com/watch?v=hEGJ3deq9cg [LETURF TVより/残り400m]

提供:http://www.paris-turf.com/programme-courses/2017-05-14/reunion-deauville/resultats-rapports/abu-dhabi-poule-d-essai-des-poulains-1020513

タレコミ記者 : スーパーやっちさん

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント

このニュースへのコメント

コメントを投稿する
  • お弟子さん
    お弟子さん
    こっちはデムーロが勝ったのね・・・(^_^;)

    2017年05月15日(月)13時22分

    いいね! いいね!:0
  • ふくすけさん
    ふくすけさん
     父のRajsamanは聞き慣れない名前なので、血統表を見ると、日本に来たLyphard系メンデスの直系孫で、'98年の凱旋門賞馬Sagamixと同系統なんですね。最近は名前を見ないので、父系ラインは消滅したと思ってました。しかも、母父がラムタラ。サンデーサイレンスと同じで、競走馬引退後は1年間現地で種牡馬生活を送って日本に来ているんですが、その1年間の産駒に目立った馬はいない様です。将に本馬の母は'97年生まれで、ラムタラの初年度産駒ですね。

    2017年05月15日(月)10時22分

    いいね! いいね!:1

みんなのタレコミニュースは、ユーザーが作成したニュース記事です。