スマートフォン版へ

クリソライトが7馬身差の圧勝 昨年JDD以来のV/日本テレビ盃・船橋

  • 2014年09月23日(火) 16時20分
 23日、船橋競馬場で第61回日本テレビ盃(GII・3歳上・ダ1800m・1着賞金3200万円)が行われ、2番手でレースを進め、4コーナー出口で先頭に立った戸崎圭太騎手騎乗の1番人気クリソライト(牡4、栗東・音無秀孝厩舎)が、直線で後続を一気に突き放し、2着の3番人気ダノンカモン(牡8、栗東・池江泰寿厩舎)に7馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分50秒1(良)。

 さらに1馬身差の3着に4番人気グラッツィア(牡6、栗東・角居勝彦厩舎)が入った。なお、2番人気グレープブランデー(牡6、栗東・安田隆行厩舎)は5着に終わった。

 勝ったクリソライトは、父ゴールドアリュール母クリソプレーズその父エルコンドルパサーという血統。昨年のジャパンダートダービーを制して以降、不振が続いたが、前走のマーキュリーCで積極的に動いて2着と久々に好走。断然人気に推されたここでも2番手追走の競馬で、最後は後続を大きく突き放し、ジャパンダートダービー以来となる勝ち星を挙げた。また、本馬はこの勝利で11月3日に盛岡競馬場で行われるJBCクラシックの優先出走権を獲得した。

【勝ち馬プロフィール】
クリソライト(牡4)
騎手:戸崎圭太
厩舎:栗東・音無秀孝
父:ゴールドアリュール
母:クリソプレーズ
母父:エルコンドルパサー
馬主:キャロットファーム
生産者:ノーザンファーム
通算成績:17戦5勝(重賞2勝)
主な勝ち鞍:2013年ジャパンダートダービー(GI)

【勝利ジョッキー・戸崎圭太騎手のコメント】
 調子の良さを返し馬で感じました。道中手応えも良かったですし、馬も気持ち良く走っているのかなと思いました。ジャパンダートダービーの時も強い勝ち方(7馬身差)をしていますので、これを機に復活してくれると思います。

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す