スマートフォン版へ

ワンアンドオンリー横山典騎手「順調。いい勝負になる」/菊花賞共同会見速報

  • 2014年10月22日(水) 18時00分
ワンアンドオンリーに騎乗予定の横山典弘騎手

――今日の追い切りの動きは?
横山「前走よりいいほうに変わっていると思います」

――前走と比べての状態は?
横山「どちらかというと使って良くなるタイプ。春もそうでした。前走は休み明け。馬の行く気に任せる感じで、あまり無理せず急かさずにレースを進めました。もともと動かない馬でしたが“よくあれで勝ったな”という感じでしたね。あの状態で(最後に)もうひと伸びして、よく頑張りました。そのあたり(と比べると今の状態)は1回使ってもっと良くなったな、という感じです」

――マイナス4キロ。ひと夏越しての成長は?
横山「ダービーを勝ったあと、大山ヒルズへ様子を見に行ったんですが、そのときは風格があったんですけど。(神戸新聞杯では)イライラしていましたね。でも、返し馬で落ち着きました。馬体重的にはもうちょっとふっくらしているかな、と思ったんですけど。まぁ、問題なかったです」

――どういう風格を感じられましたか?
横山「言葉ではあらわせないです」

――ダービー馬になっての気持ちの違いは?
横山「別にないです。順調に出られるということが一番です。いつも言っているとおり、無事に走れれば。あとは自分の力を出せれば結果がついてくると思います」

――ライバル関係は?
横山「自分との戦いです」

――最後にひとこと
横山「順調にきているんで、あとは力を思う存分、僕が引き出せればいい勝負になると思うので応援よろしくお願いします」


ワンアンドオンリーを管理する橋口弘次郎調教師
――今朝の追い切りはいかがでしたか?
橋口「今日は横山典騎手が乗ってもらいました。いつものとおり併せ馬で1ハロン追ってくれと指示を出しました。あがってきてから(横山典騎手に)『変わりないだろ?』ときいたら『先生、よくなってますよ』と。及第点をいただきました。体調面においてはなんら心配ないです」

――前走はマイナス4キロでしたが?
橋口「そうですね。カイ食いは旺盛な馬ですからね。心配していません。しかし、前走は放牧明けでしたから、若干プラス体重になっているかな?という想定でしたから意外でしたけどね」

――それでも前走は強い内容の勝ち方でした。
橋口「強い勝ち方といえばそうですけどね。完全な負けパターン。結果的に勝ちましたけど、「負けた」と思って肝を冷やしました。(それでも勝つあたりは)ダービー馬の貫禄というか、意地といいますか」

――ひと夏越してどのあたりが変わりましたか?
橋口「馬体的にはあまり変わりませんが、神戸新聞杯を勝ったこともあって最近は貫禄が出てきたような気がします。でも、GIゼッケンのせいですかね」

――菊花賞では人気が集まると思われます。
橋口「1番人気になるというのは嬉しい反面、やっぱり不安も相当よぎってますよ」

――不安というのは?
橋口「まずやっぱり、未知の3000mですから。この距離に適性のある馬がどこかに潜んでるかもしれませんしね。そのあたりは、心配ではありますね」

――その中でどんなレースを期待していますか?
橋口「一言でいったらダービー馬らしいレースをしてくれたらと思っています。あまりにも着順が悪い結果だと、ダービーのときだけだったのかと。後ろ指さされたらダメですから。しかしそれは100%ありません。上位争いは必ずやってくれます。でも、勝つ馬は1頭だけしかいませんからね。そのあたりは何ともいえませんけど。上位争いしてくれることは間違いないです」

――10年前の菊花賞、父のハーツクライは1番人気におされながら7着という悔しい思いをしましたね。
橋口「あのときは人気先行。ダービー2着、神戸新聞杯3着でしたよね。その流れで人気におされましたけど、あの時分はまだ馬に実が入っていないというか、ゆるい馬体でしたから。1番人気になったことが意外でした」

――それが菊花賞で果たせるといいですね
橋口「それはダービーで成就しましたからね。そこまでは考えていませんけど。いい競馬をしてくれたらいいな、と思っています」

――京都の3000mはいかがですか?
橋口「体型的には足長ですから、ステイヤータイプですね。血統的にはブルードメアにタイキシャトルが入っているのでそのあたり心配されたりしますが、ダービーを勝っていますから。あのダービーの走りから3000mがマイナスになるとは思っていませんね」

――最後にひとこと
橋口「なんといってもダービー馬ですからね。ダービー馬らしい走りは必ずしてくれますので、応援よろしくお願いします」(取材:花岡貴子)

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す