[地方]ニュース

ララベルがゴール前の叩き合いを制し重賞初制覇/ローレル賞・川崎

[地方] 2014年11月05日(水)21時09分

注目数:8人
コメント数:4件
真島大輔騎手騎乗のララベル(左)が、最内を突いたゼッタイリョウイキとの叩き合いを制して優勝した。(撮影:高橋 正和)

写真を拡大 写真拡大

真島大輔騎手騎乗のララベル(左)が、最内を突いたゼッタイリョウイキとの叩き合いを制して優勝した。(撮影:高橋 正和)

 5日、川崎競馬場で第14回ローレル賞(2歳・牝・ダ1600m・1着賞金1000万円)が行われ、中団でレースを進めた真島大輔騎手騎乗の4番人気ララベル(牝2、大井・荒山勝徳厩舎)が、直線に入って脚を伸ばし、最後は直線で最内を突いた7番人気ゼッタイリョウイキ(牝2、川崎・林隆之厩舎)との叩き合いを制して、これにクビ差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分44秒2(良)。

 さらに1馬身差の3着に8番人気リボンスティック(牝2、川崎・山田質厩舎)が入った。なお、3番人気ネガティヴ(牝2、北海道・角川秀樹厩舎)は4着、2番人気ビナファミリー(牝2、川崎・田辺陽一厩舎)は7着、1番人気ウイングオブスカイ(牝2、大井・宗形竹見厩舎)は13着に終わった。

 勝ったララベルは、父ゴールドアリュール母ブリージーウッズその父ティンバーカントリーという血統。7月10日のデビューから3戦目での重賞初制覇となった。

【勝ち馬プロフィール】
ララベル(牝2)
騎手:真島大輔
厩舎:大井・荒山勝徳
父:ゴールドアリュール
母:ブリージーウッズ
母父:ティンバーカントリー
馬主:吉田照哉
生産者:社台ファーム
通算成績:3戦2勝(重賞1勝)

【関連記事】
[プロフィール] ララベルの全成績と掲示板
[特集]ハンデ長距離重賞、プロの予想に注目/AR共和国杯
[馬三郎]ホッコー5F・67秒7、調教をチェック/AR共和国杯
[特集]2歳注目ステップレース、最新厩舎情報/京 王 杯 2 歳 S
[特集]チャンピオンズC前哨戦、ダートの頂点へ/み や こ S
[ゲーム]80万DL突破!パズダビで伝説の名馬に挑め!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント

このニュースへのコメント

コメントを投稿する
  • 競馬が好きだ!!さん
    競馬が好きだ!!さん
    真島10Rも勝ってたな。一番人気だけど、やるなぁ。

    2014年11月06日(木)01時19分

    いいね! いいね!:2
  • stuyshrさん
    stuyshrさん
    リボンスティックの単勝一点勝負。

    ・・・・直線の半ばまでは夢を見ました・・・
    ・・・・複勝にしておけば・・・・・・・・・

    2014年11月05日(水)22時01分

    いいね! いいね!:1
  • ゲストさん
    ゲストさん
    ララベルは強かったですね。
    血統的にもダートの中距離まではこなせそうなので今後の活躍が楽しみです。

    2014年11月05日(水)21時53分

    いいね! いいね!:2