スマートフォン版へ

【メイクデビュー】(京都5〜6R)〜レガッタ、アグネスユーリヤが勝利

  • 2014年11月15日(土) 15時28分
京都5Rのメイクデビュー京都(芝1800m)は、1番人気レガッタ(福永祐一騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分51秒7。1馬身1/4差の2着に3番人気イルミリオーネが、1馬身1/4差の3着に4番人気ダノンブライトがそれぞれ入線。

レガッタは栗東・昆貢厩舎の2歳牡馬で、父ディープインパクト母スイープトウショウ(母の父エンドスウィープ)。

レース後のコメント
1着 レガッタ 福永祐一騎手
「いいスタートを切って、いい位置をとれましたし、抜け出すときの瞬発力もすごかったですね。タメをきかせる競馬ができれば距離が延びても大丈夫でしょう。今後も無事にいって欲しいです」

2着 イルミリオーネ 浜中俊騎手
「外の動きやすい位置につけて、最後もよく伸びていますが、勝った馬が強かったです。上手に走ってくれています」

4着 サトノラプター C.ルメール騎手
「ペースが遅かったので早めに動いていきました。切れるという感じではありませんが、最後までしっかり走ってくれました。経験を積んでさらによくなりそうです」


京都6Rのメイクデビュー京都(芝1200m)は、5番人気アグネスユーリヤ(藤田伸二騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分10秒6。クビ差の2着に1番人気マルヨバクシンが、クビ差の3着に2番人気ドリームポリーニがそれぞれ入線。

アグネスユーリヤは栗東・長浜博之厩舎の2歳牡馬で、父チチカステナンゴ母アグネスナチュラル(母の父サクラバクシンオー)。

レース後のコメント
1着 アグネスユーリヤ 藤田伸二騎手
「ゲートもよく、スピードもあって短い距離が合いそうな走りでした。いい馬ですし、緒戦からいいレースをしてくれました」

長浜博之調教師のコメント
「母親が短い距離で走った馬なので、この距離でデビューさせました。これから先、短い距離での活躍を期待したい馬です」

2着 マルヨバクシン 藤岡佑介騎手
「調教では素直で前向きな馬という印象でしたが、レースでも前向きでした。初めてのレースだったせいか、前に出るのをためらうところがありましたが、一回使ってさらによくなると思います」

3着 ドリームポリーニ 和田竜二騎手
「ゲートもよく、とても乗りやすい馬です。今日のペースなら粘り切らないといけないのですが、全体的にまだ硬い感じで、直線でも走りがバラバラな感じでした。そのへんがしっかりしてくると走ってくると思います」

5着 ロードグロワール C.ルメール騎手
「心配されたゲートは悪くありませんでした。ただ、まだ流れに乗るのが難しく、ズブい感じで直線も内にヨレていました。少し経験が必要だと思います」

ラジオNIKKEI

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す