スマートフォン版へ

【東京大賞典】(大井)〜ホッコータルマエが連覇を達成

  • 2014年12月29日(月) 16時25分
 大井競馬場(天候:曇 馬場状態:重)で第60回東京大賞典(第10競走・GI・3歳以上オープン・ダート2000m・1着賞金7000万円)が16頭によって行われた。
 レースは2番人気のコパノリッキー(JRA)が逃げ、1番人気のホッコータルマエ(JRA)は好スタートを切ったものの控えて2番手、外国馬のソイフェットが3番手、その後にサミットストーン(船橋)、3番人気のワンダーアキュート(JRA)、5番人気のクリソライト(JRA)、4番人気のローマンレジェンド(JRA)らが続いた。向正面に入って流れが落ち着いたところで後方にいたロイヤルクレスト(JRA)が一気に上がって行き、3コーナーではコパノリッキーの外に並ぶ形となり、その直後をホッコータルマエが進んだ。4コーナーではコパノリッキーホッコータルマエが手ごたえ良く並びかけ、直線で抜け出して最後は4馬身の差をつけて優勝し、このレースの連覇を達成した。勝ちタイムは2分3秒0。勝利騎手はJRAの幸英明。3着は1馬身半差で好位を進んだ8番人気のサミットストーンが入り、4着は地元大井の3歳馬ハッピースプリントで5着がローマンレジェンドワンダーアキュートは7着に終わった。
 勝ったホッコータルマエは、父キングカメハメハ母マダムチェロキー(その父Cherokee Run)という血統の牡5歳鹿毛馬。JRA栗東・西浦勝一厩舎の管理馬。通算成績は27戦14勝(中央競馬では16戦6勝)となり、重賞勝ちは11勝目で、GI(JpnI)はこれで7勝目となった。

 レース後の関係者のコメントは以下の通り。

1着 ホッコータルマエ(幸英明騎手)
「強かったです。すごい馬です。今日はコパノリッキーを見ながらレースを進めました。手ごたえは抜群で、早目に抜け出しすぎたかなと思いましたが、それでも勝てると思いました。GI最多勝の国内記録である『GI9勝』は抜けると信じています。僕が乗っていても1番人気にしてくださったファンの皆さん、ありがとうございました。」

2着 コパノリッキー(田辺裕信騎手)
「今日は思い切ったレースをしようと厩舎サイドと話をしていました。スタートも決まったので逃げました。馬体も絞れていたし、良くなっていましたが、今日は相手が強かったです。」

4着 ハッピースプリント(吉原寛人騎手)
「道中は馬なりで、リズムを大事にして乗りました。ひるむところはありましたが、最後はしっかり伸びてくれました。収穫があったと思います。本格化はまだ先ですが、もっと良くなるはずだと思っています。」

(取材:山本直)

ラジオNIKKEI

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す