スマートフォン版へ

【次走報】ハープスター、10日に栗東帰厩を予定

  • 2015年01月03日(土) 18時00分
 ハープスターは1月10日に放牧先のノーザンファームしがらきから栗東トレセンに帰厩する方向で調整されている。

「ドバイを視野に入れている。ドバイデューティフリー(3月28日、メイダン芝1800m)、ドバイシーマクラシック(3月28日、メイダン芝2410m)の両方に登録する」と松田博師。復帰戦は京都記念(2月15日、京都芝2200m)になる見込み。

 コパノリチャードは昨年同様、阪急杯(3月1日、阪神芝1400m)から高松宮記念(3月29日、中京芝1200m)連覇を狙う。

「阪神Cでは控える競馬ができるなど収穫が多かった。一時は背腰に疲れをみせたが、その不安も解消されている」と宮師。

 有馬記念12着のウインバリアシオンも昨年同様、日経賞(3月28日、中山2500m)から天皇賞(春)(5月3日、京都3200m)へ挑む。

 阪神JF2着のレッツゴードンキチューリップ賞(3月7日、阪神芝1600m)から始動する。

「ずっと使ってきたので、春競馬に向けて吉澤WESTで休養している。栗東に戻るのは2月上旬の予定です」(梅田智師)。

 サンビスタTCK女王盃(1月21日、大井ダート1800m)からフェブラリーS(2月22日、東京ダート1600m)を目指す。(取材・文:花岡貴子)

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す