[地方]ニュース

山崎誠士騎手が2年ぶり2度目の優勝/佐々木竹見C・川崎

[地方] 2015年01月27日(火)16時43分

注目数:17人
コメント数:12件

 生涯通算成績7153勝の歴代日本記録保持者で、昭和41年には当時の世界記録となる年間505勝を挙げるなど、42年間にわたり川崎競馬所属騎手として活躍した、佐々木竹見元騎手の名を冠した騎手招待競走「佐々木竹見C ジョッキーズグランプリ」が、27日、川崎競馬場で行われた。

 13回目となった今回も、JRAと地方競馬各地区から14名のトップジョッキーが集結。対象2競走の合計ポイントにより優勝が争われた。

 第1戦のマイスターチャレンジ(ダ1500m)は、山崎誠士騎手(川崎)騎乗の1番人気ダークダイナミック(牡4、川崎・八木仁厩舎)が、好位追走から直線で前を捕らえて優勝。2着は御神本訓史騎手(大井)騎乗の7番人気フクジュソウ(牝5、川崎・山崎尋美厩舎)、3着は田中学騎手(兵庫)騎乗の4番人気ジーガークリスタル(牡4、船橋・石井勝男厩舎)となった。

 続く第2戦のヴィクトリーチャレンジ(ダ2100m)は、山口勲騎手(佐賀)騎乗の2番人気トーセンサミット(牡6、浦和・小久保智厩舎)が、直線内を突いて抜け出し優勝。2着は御神本訓史騎手(大井)騎乗の8番人気ユーコーフラッシュ(牡6、川崎・飯田幸雄厩舎)、3着は山崎誠士騎手(川崎)騎乗の3番人気トーセンハリケーン(牡4、浦和・小久保智厩舎)となった。

 この結果により、第1戦を勝利し、第2戦も3着にまとめた山崎誠士騎手(川崎)が、合計83ポイントを獲得して2年ぶり2度目の優勝を果たした。2位は76ポイントで御神本訓史騎手(大井)、3位は53ポイントで山口勲騎手(佐賀)。最終成績は以下の通り。

【最終成績】

1位 山崎誠士(川崎) 83
2位 御神本訓史(大井) 76
3位 山口勲(佐賀) 53
4位 田中学(兵庫) 49
5位 赤岡修次(高知) 43
6位 左海誠二(船橋) 30
7位 岡部誠(愛知) 27
8位 永森大智(高知) 24
9位 村上忍(岩手)  23
10位 内田利雄(浦和) 18
11位 岩田康誠(栗東) 15
12位 森泰斗(船橋) 14
13位 繁田健一(浦和) 10
14位 戸崎圭太(美浦) 9

※ポイントは各レースとも、1着50点、2着38点、3着33点、4着27点、5着22点、6着16点、7着13点、8着10点、9着8点、10着6点・11着5点、12着4点、13着3点、14着2点

※結果は主催者発表のものと照合してください。

【関連記事】
[根岸S]ロゴタイプがダートで新境地!? 厩舎情報に注目!
[シルクロードS]冬の短距離ハンデ重賞、No.1プロ予想は
[大好評対談]四位×福永、二人が語るこれからのビジョン
[激論座談会]カジノが日本に!? その時競馬はどうなる?
[ゲーム]90万DL突破!パズダビで伝説の名馬に挑め!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント

このニュースへのコメント

コメントを投稿する
  • ゲヌトさん
    ゲヌトさん
    まーたみかもとくんの株が上がってしまった

    2015年01月28日(水)04時44分

    いいね! いいね!:0
  • 原田摩奈美さん
    原田摩奈美さん
    レース数が少なすぎてだれがうまいかの判断ができませんよね、中央のWSJSみたくしたらいいのに。それにもっと勝鞍をあげている騎手がいないのも寂しいですね。南関東なんだしここに的場文男がいないのが残念で仕方ありませんでした

    2015年01月28日(水)01時21分

    いいね! いいね!:1
  • 栗ックさん
    栗ックさん
    元地方の岩田、戸崎はなにしとんねん

    2015年01月27日(火)22時53分

    いいね! いいね!:5