スマートフォン版へ

スターローズがゴール寸前で差し切り重賞初V/ユングフラウ賞・浦和

  • 2015年02月18日(水) 18時15分
 18日、浦和競馬場で第7回ユングフラウ賞(3歳・ダ1400m・1着賞金1200万円)が行われ、最初のコーナーで不利を受けて後ろからの競馬となった山崎誠士騎手騎乗の2番人気スターローズ(牝3、船橋・山本学厩舎)が、道中徐々にポジションを上げ、直線に入っても脚を伸ばし、早めに捲って先頭に立っていた3番人気リボンスティック(牝3、川崎・山田質厩舎)をゴール寸前で捕らえ、これにハナ差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分30秒0(不良)。

 さらに3/4馬身差の3着に5番人気トーセンマリオン(牝3、浦和・小久保智厩舎)が入った。なお、1番人気アクティフ(牝3、大井・赤嶺本浩厩舎)は6着に終わった。

 勝ったスターローズは、父スマートボーイ母ローズカーニバルその父Silver Deputyという血統。北海道からの移籍後3連勝で初めての重賞制覇を果たした。また、本馬及び2着のリボンスティック、3着のトーセンマリオンは、3月25日(水)に行われる(浦和)桜花賞の優先出走権を獲得した。

【勝ち馬プロフィール】
スターローズ(牝3)
騎手:山崎誠士
厩舎:船橋・山本学
父:スマートボーイ
母:ローズカーニバル
母父:Silver Deputy
馬主:泉俊二
生産者:グランド牧場
通算成績:12戦6勝(重賞1勝)

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す