スマートフォン版へ

11番人気の伏兵ウインバローラスが快勝/クラウンC・川崎

  • 2015年04月01日(水) 20時40分
 1日、川崎競馬場で第18回クラウンC(3歳・ダ1600m・1着賞金1000万円)が行われ、5番手でレースを進めた柴田大知騎手騎乗の11番人気ウインバローラス(牡3、川崎・河津裕昭厩舎)が、直線で先行各馬を捕らえて抜け出し、最後は2着の12番人気ルコンポゼ(牡3、大井・的場直之厩舎)に2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分43秒9(良)。

 さらにクビ差の3着に3番人気ミッドストラーダ(牡3、川崎・八木仁厩舎)が入った。なお、1番人気ドライヴシャフト(牡3、大井・荒山勝徳厩舎)は5着、2番人気クールテゾーロ(牡3、船橋・佐藤賢二厩舎)は12着に終わった。

 勝ったウインバローラスは、父スターリングローズ母ケージーダンサーその父コマンダーインチーフという血統。JRAから転入して勝ち星を挙げられないでいたが、ここで移籍初勝利と重賞タイトルを手にした。なお、本馬及び2着のルコンポゼは、4月22日に大井競馬場で行われる羽田盃の優先出走権を獲得した。

【勝ち馬プロフィール】
ウインバローラス(牡3)
騎手:柴田大知
厩舎:川崎・河津裕昭
父:スターリングローズ
母:ケージーダンサー
母父:コマンダーインチーフ
馬主:(株)ウイン
生産者:飯岡牧場
通算成績:12戦2勝(JRA3戦1勝・重賞1勝)

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す