スマートフォン版へ

ハープスターが右前脚の繋靱帯を損傷 長期休養を要する見込み

  • 2015年05月01日(金) 19時25分
 ヴィクトリアマイルの出走を見送り、春は全休する予定だったハープスター(牝4、栗東・松田博資厩舎)が、右前脚の繋靭帯を損傷していることがわかった。1日、キャロットクラブのホームページで発表された。

 同馬はドバイ遠征から帰国後、ヴィクトリアマイルに照準を合わせていたが、疲れがみられたために出走を見送った。その後検査が行われたところ、右前の繋靭帯を傷めていることが判明した。症状は軽度のものではなく、長期休養が必要となる可能性が高いと獣医から診断されており、今後について関係者が協議する予定となっている。

【プロフィール】
ハープスター(牝4)
厩舎:栗東・松田博資
父:ディープインパクト
母:ヒストリックスター
母父:ファルブラヴ
馬主:キャロットファーム
生産者:ノーザンファーム
通算成績:11戦5勝(重賞4勝)
主な勝ち鞍:2014年桜花賞(GI)

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す