スマートフォン版へ

ディープインパクト産駒は、自身とは「逆」のタイプを

  • 2013年04月19日(金) 12時00分
 ディープインパクト自身は小型な馬で、末脚を活かす競馬が持ち味の馬でした。しかし、産駒は父に似たタイプの期待値が高いとは限りません。

 これから始まる東京芝開催も、過去の傾向ではディープインパクト自身とは「逆のタイプ」の方が期待値が高いのです。

 およそ過去2年の東京芝開催にて、前走3コーナーで「中段よりも前」に位置していたディープインパクト産駒は勝率20%。複勝率45%。単勝回収率104%。複勝回収率は100%。

 一方、前走で「中段より後ろ」に位置していたディープインパクト産駒は勝率14%、複勝率35%。単勝回収率49%、複勝回収率68%にダウン。「前走上がり3位以内」の「前走末脚上位馬」も「前走先行経験馬」より期待値が低い(単勝回収率69%)のですから、ディープ自身とは逆の「好位を取れるディープ」の方が期待値は高いのです。

 体重に関してもディープインパクト自身とは逆の「大型馬」の方が期待値は上がります。

 体重500キロ以上の大型馬は勝率33%。複勝率60%。ディープインパクトよりも大きい460キロ以上の馬は勝率24%。複勝率48%。単勝回収率114%。複勝回収率91%。

 逆に小型の459キロ以下の馬は勝率13%。複勝率36%。単勝回収率42%。複勝回収率77%。ディープ自身とは「真反対」といえる、先行力のある大型馬の方が期待値は大きく上回っているのです。

 東京の芝2400mGIを2勝したジェンティルドンナも牝馬ながら460キロを越え、先行できる前向きなスピードを持ったディープインパクト産駒。ジェンティルドンナもそうですが、大型馬は米国型の繁殖牝馬との配合馬に多いので、東京芝で走るディープは(実は東京以外もそうですが)パワー型の繁殖牝馬の仔が走りやすいともいえます。

 今開催の東京芝もディープインパクト産駒は次々と馬券になる(おそらく芝の最多勝利種牡馬になる)でしょうが、ディープインパクト自身とは「逆のタイプ」を狙いたいものです。

 その他では、シンボリクリスエス、ダイワメジャー、ハーツクライ、ジャングルポケット、フジキセキ。この辺りをおさえておけば、そこそこ当たるんじゃないでしょうか。

▼netkeiba.comのスマホ版「競馬総合チャンネルby netkeiba.com」、携帯版「競馬総合チャンネル」では、毎週金曜20時に亀谷敬正氏が週末の重賞を展望するコラム「血統ビーム的見解」を掲載中!

▼亀谷敬正氏の勝負レース、最新情報等は「亀谷敬正オフィシャルサイト」へ

重賞アプローチ式データブック

重賞アプローチ式データブック

重賞の予想はこれ一冊でカンペキ!
 競馬予想レッスンプロこと亀谷敬正氏による、重賞データブック『重賞アプローチ式データブック』の2013年版がパワーアップして登場。競馬予想のレッスンプロとして多くのファンを獲得している亀谷敬正氏が、中央競馬で行なわれるすべての平地重賞の、万馬券獲得や的中率をアップさせるためのポイントやヒントを紹介。また、予想に役立つ独自のデータも並べて掲載しています。

 2013年に行なわれる中央競馬の平地重賞全124レースを対象に、各重賞の馬券検討の上で亀谷氏が重視する重要なポイントを、本当に知っておきたいデータを掲載した過去5年の結果を元に解説。さらに該当コースのサイアーランキング、ローテーション・脚質・番手・前走着差・社台系or非社台系の生産牧場の過去5年の傾向をグラフ化。巻末には、亀谷氏独自のデータをより活用するための、世代別・距離別・上級条件限定・コース別のサイアーランキング、種牡馬別傾向グラフを掲載。重賞以外の馬券検討にも役立ちます。

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

血統馬券予想理論『血統ビーム』の提唱者で、『ブラッドバイアス』『大系統』『小系統』などの血統予想用語、概念の作者。血統ビームの革新性は20世紀末の競馬予想界に衝撃を与え、現在は競馬ファン、競馬評論家に多大な影響を与え続けている。また『競馬予想TV!』『競馬血統研究所』(ともにCS放送フジテレビONE)に出演するなど活躍中。ツイッターアドレスはツイッターアドレスはコチラ。
ウマい馬券にて『血統ビーム』の予想提供中

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング