スマートフォン版へ

「カレン」など身内ネタと赤本掲載馬の近況(須田鷹雄)

  • 2013年06月07日(金) 18時00分
 今年の赤本「おすすめ10頭」コーナーに登場した馬で、開幕週にデビューした馬が3頭。モントボーゲン、カレンマタドール、サトノバリアントだ。……1頭も勝ってないじゃん。いわゆる「早ウマ」ほど、校了からデビューまでに状況が激変することが多いので、おすすめコーナーには向かないかもしれん。来年自分の指名時に気を付けよう。

 上記3頭のうちカレンマタドールは、内田博幸騎手によると「能力はあるが、気持ちの面で前へ出て行かなかった。直線伸び出してからは良かった。最終的にはダート向きかな」とのコメント。安田翔伍助手とも話したが、もともと勝っても負けても放牧という予定だったので、秋競馬までは休ませる見通しだ。

 カレンの馬では、同じ日に国枝師が「おー須田君、母シルヴァーカップ、そろそろ入れるよ! 馬名なんだったっけ?」と。カレンリスベットです。使うかどうかは入れてからでしょう。入厩のタイミング的には千葉セリのマンハッタンカフェ×スモークンフローリックと同じくらいかと。

 千葉セリといえばもう1頭の高馬、母ランペルティーザ(牡、父ダイワメジャー・五十嵐厩舎)はグリーンウッドで待機中。諸々の手続きが整ってから入厩の方向。この2頭に限らずトレーニングセール組は疲れもあるので、デビューにまっすぐ向かうかどうかは馬と相談になるものと思われる。

 国枝厩舎の話に戻って、ダイワレジェンドとブルーロータスが放牧、特に後者は牧場まで戻ったので戦々恐々としているファンも多いようだが、個人的には現在のやたら前倒しで進める流れの中、「使わない勇気」は重要なテーマになってくると考えている。その意味で、いったん撤退した組(小島茂厩舎のテスタメントとかも)から成功する馬が出てきてほしい。

 続いてカレン以外の身内ネタ。斎藤誠厩舎にいるパブロワ(母バブルファンタジー)は、馬主が須田の中学・高校時代の同級生。これが坂路でまあまあ動き、最近は取材も増えてきたとのこと。これだけだと鼻で笑われそうだが、東京7日目の牝馬限定芝1400mを戸崎圭太で予定! ……と書くと、圭太効果で良い馬っぽく見えてくるでしょ。500キロを楽に超える大型牝馬だが、3月末に社台に行ったらもう山元へ移動していて会えなかったというくらいなので、仕上がりは大丈夫でしょう。

 ちなみに、赤本で▲をつけたチェーザレ(母エレガントトーク)は別な同級生(大学の)が馬主。みんな社会的成功を収めてるね……。この馬は山元におり、検疫がとれれば入厩へ。見た感じは早い時期向きではないのだが、実際に動かしてみると十分動いているとのこと。

 今回は社台ファーム生産馬の話が主体になったので、最後にもうちょっと公益性のありそうな社台馬の話。

「元ピントゥリッキオ」こと母グレイトサンライズは山元にいて、そう遠くないタイミングで入厩予定の模様。こちらは牧場から「そのまま使える」とのお墨付きが出ているようなので、入れるだけでなくデビューまで向かうのでは。早く馬名決めないと。

 アールプロセス(母マチカネハツシマダ)は、6月3日に山元へ移動。こちらの詳しい状況は分からないが、血統的に考えると、入れて、ゲート受かって、あとは馬と相談しながらのタイプかと。

 最後に、「赤本掲載馬の近況」ならぬ「赤本に掲載されていない馬の近況」になってしまうが、トーセンマイティ(母カチバ)。牧場から全く話が出てこないので巻末リストにさえ入れなかったのだが、体質に弱いところがありつつも一歩一歩やっているとのこと。ちなみに赤本関係者によるリアルPOGでは浅野さんがこの馬をドラフト10位でギャンブル指名していた。

●『POGの達人 2013-2014年(光文社刊)』は5月9日発売!!

今年も、他誌の追随を許さない充実のコンテンツ。ぜひ、お早めにお買い求めください!

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

須田鷹雄+取材班が赤本紹介馬の近況や有力馬の最新情報、取材こぼれ話などを披露します!

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング