スマートフォン版へ

世代初の重賞ウイナーとなるのはどの馬か!! 函館2歳S(GIII)

  • 2014年07月14日(月) 18時00分


 世代初の重賞となる函館2歳S。今年は新馬戦を圧勝したマイネルエスパスやトウショウピスト、スルターナ辺りが中心となりそう。出走を予定している主な有力馬は次の通り。

 マイネルエスパス(牡2、美浦・菊川正達厩舎)は新馬戦を圧倒的なスピードで勝利。勝ちタイムの1分9秒5(芝1200m)も優秀で、ここは主役候補と言っても良いだろう。走るフォームもセンスを感じさせるし、ここは連勝の期待が掛かる。

 トウショウピスト(牡2、栗東・角田晃一厩舎)は新馬戦で出遅れたもののすぐに好位につけ、直線難なく抜け出して2.1/2馬身差の完勝。センス高い勝ちっぷりを見せた。芝1200mの重賞を5勝した母にタイトルを捧げることができるか。

 スルターナ(牝2、栗東・昆貢厩舎)は芝1000mの新馬戦を57秒5の好時計で快勝。2着のタケデンタイガーが2戦目であっさりと勝っていることから、かなりの能力を持っていると考えて良いだろう。ここもスピードを生かして上位を争いそう。

 その他、参戦すれば連闘になるが12日の新馬戦を好時計で圧勝したアクティブミノル(牡2、栗東・北出成人厩舎)、阪神の新馬戦を快勝したクールホタルビ(牝2、栗東・清水久詞厩舎)、不良馬場の新馬戦を制したマコトダッソー(牡2、美浦・水野貴広厩舎)なども上位争いの圏内。発走は15時25分。

【データ分析/函館過去9回】
人気…1人気は[1-3-1-4]連対率は44.4%と悪くない成績だが、勝っているのは昨年のクリスマスのみ。ちなみに牝馬で1人気に推された馬は[1-2-0-0]。勝率ならば2人気が[3-0-2-4]33.3%と高い。あと目立つのは5人気の[0-4-1-4]連対率44.4%。

性別…1人気の牝馬については人気の項で書いたが、全体の数字は牡馬・セン馬[3-3-5-57]連対率8.8%、複勝率16.2%、牝馬は[6-6-4-41]連対率21.1%、複勝率28.1%と牝馬の方が成績が良い。

所属…美浦所属馬が[3-5-6-46]、栗東所属馬が[4-4-3-46]、と連対率では互角。複勝率では美浦所属馬の方が若干高い。なお、地方所属馬は[2-0-0-6]。

脚質…4角先頭の馬は[0-1-0-8]と2006年にローレルゲレイロが2着しただけと不振。その後ろで競馬をする2番手が[3-2-4-6]連対率33.3%、複勝率60.0%と好成績。10番手以降は[2-2-2-33]と展開次第で後方からの追込が決まっている印象。

◆トウショウピスト
・陣営コメント/藤本調教助手
「前走(新馬戦1着)は攻め馬の良さがレースに直結した形で、ノーステッキでスッと突き放す強い内容でした。レース後も

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

気になる重賞を全方位で斬る! 望田潤の血統情報、井内利彰の調教、そして厩舎情報、データなど内容盛り沢山に、今週の注目重賞コラムをお届けします!

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング