スマートフォン版へ

【調教の新トレンド!美浦編】今春GI4勝!堀宣行厩舎の調教のヒミツ

  • 2015年06月08日(月) 18時01分
東京競馬場の5週連続GIも終わり、残すビッグレースも宝塚記念のみ。この春のGI戦線、最も目を引いたのは堀厩舎の大活躍でしょう。皐月賞、ダービー、安田記念に、海外GIも勝利という堂々の実績。そしてもうひとつ、池江厩舎がオークスで牝馬GI初制覇。実はこの活躍の裏には、ある共通点がありました。それが『調教』です。結果を出している厩舎は、調教に工夫があったのです。時代とともに変化している調教。従来のスタイルと変遷、そしてトップ厩舎が取り入れている話題の“半マイル調教”とは。調教の新トレンドを、美浦・栗東の両トレセンから2日間連続でお届け。調教の“今”が見えてきます!

(美浦担当:馬サブロー・加藤剛史記者/栗東担当:調教Gメンこと井内利彰氏)



■美浦編■

2014年の坂路改修、効果は絶大


 2009年ロジユニヴァース以来となる、ドゥラメンテによる関東馬の日本ダービー制覇。関東馬による皐月賞、ダービーの2冠馬誕生は1997年のサニーブライアンまでさかのぼる。

 関東馬の強さが際立つ現3歳世代だが、坂路馬場改修後にこのような成果が上がっている現状を見る限り、その効果は絶大な要因となっていることを疑う余地がない。

 栗東坂路に比べ勾配が緩い美浦の坂路では、より負荷の掛かる構造へと、2014年初めに改修工事が入った。

 ウッドチップを細かく砕き、深い馬場にすることで同じ運動量でもより乳酸値(数値が高いほど効果的な調教であったことを示し、運動効率を図るため、多くの厩舎でこの数値を確認している)を高められるように成功。時には散水もして、力必須の馬場状態を作っている。

 追い切り時計は出さなくても、普段からこの馬場で乗られていることで、確実なトレーニング効果が現れているのだ。

 2007年の開場当初は大盛況だったニューポリトラックコースだが、今ではすっかり閑古鳥が泣いている。リーディング上位の厩舎でこの馬場を主流としているところは皆無と言えよう。

「力のない馬が格好をつける時計を出すため」と言うような関係者もおり、脚元にはいい馬場だが、トレーニング効果はもう一つ。追い日の約6割はウッドチップコース、3割が坂路、残りがポリ、芝、ダートコースといった現状となっている。

調教の新トレンド!"

▲美浦の調教コース、外からダート、ポリトラック、芝、ウッドチップ、ダート


全国リーディング堀厩舎の調教方法


 さて今年のダービー上位馬がどのような最終追い切りで大一番を迎えたのか振り返ってみよう。

・ドゥラメンテ(美浦・堀厩舎) 南W 4F53秒9-12秒3(馬なり)
・サトノラーゼン(栗東・池江厩舎) CW 4F53秒5-12秒8(馬なり)
・サトノクラウン(美浦・堀厩舎) 南W 4F54秒1-12秒1(馬なり)

※サトノラーゼンの解説は、明日公開の栗東編で!

 我々競馬記者の中では『もろ半』と呼ばれる半マイル(4F)調教であることに気がつく。ひと昔前なら、GIに挑む仕上げとしては軽すぎると危惧されてしまう数字ではなかろうか。

 しかし、関東リーディング、全国リーディング(6月7日現在)の堀厩舎では、未勝利馬にせよOP馬にせよ、直前の追い切りはウッドコースでもろ半が基本。息を整えるために中間で長めの距離を追うことはあっても、直前の追い切りだけはこのスタイルが徹底されている。

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

有名予想家・ライターによるGIスペシャルコラムや、有力馬密着レポート、1週前からの調教レポートなど、GIレースの攻略情報をどこよりも詳しく、より濃密にお届けします。公開はプレミアムサービス限定となります。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング