スマートフォン版へ

【世界への挑戦】リオパラリンピック出場内定!元調教助手・宮路満英さんの挑戦(2)

  • 2016年03月08日(火) 17時59分
(前半のつづき)

たったふたつのアジア枠を掴み


 最初はリハビリのための乗馬だったけれど、定期的に馬に乗れるようになると、「もっと上手くなりたい」と思うようになり、その先にパラリンピック出場という考えが浮かんだ。

「周りに話したら、みんな『ムリムリ』って言って取り合ってくれませんでした。自分でも突拍子もない夢だなって思ったけれど、もっともっと上手くなりたいという気持ちが強くなって来て。上を目指すなら、とことんまでやりたいじゃないですか。勝負の世界に生きて来た人間なんでね。やっぱり勝負がしたいんです」

 こうして競技として本格的にトレーニングする事になり、普段は水口乗馬クラブで練習し、遠く山梨の乗馬クラブにも通う日々が始まった。そして、昨年の春からリオパラリンピック出場の夢を掲げ、大会に出場するようになったのだ。

 障がい者乗馬はその障がいの重さでクラス分けされており、宮路さんは二番目に重い1Bクラスと判定された。協会関係者に「パラリンピックを目指すなら、一度ヨーロッパで戦ってみては?」と誘われ、いよいよ夢が大きく動き出したのである。

 パラリンピックに出場するためには、国際大会に出場して、アジア枠2枠の中に入らなければならない。その国際大会は

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

netkeiba豪華ライター陣による本格的読み物コーナー。“競馬”が映し出す真の世界に触れてください。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング