スマートフォン版へ

【馬主インタビュー】エイシンヒカリ仏GI挑戦!平井克彦オーナーの情熱

  • 2016年05月17日(火) 19時00分
ドゥラメンテ

▲(株)栄進堂の代表・平井克彦オーナー、エイシンヒカリの遠征や競馬への思いを語る


香港カップを勝利したエイシンヒカリが来週24日(火)、海外GI2勝目を目指す。ヨーロッパに戦いの舞台を移し、仏・シャンティイ競馬場でイスパーン賞(仏GI、芝1800m)に出走する。馬主の(株)栄進堂(個人名義も含む)は、エイシンフラッシュでダービー馬のオーナーにもなった一方、地方重賞でも活躍馬を輩出する。3年前に先代・平井豊光氏が逝去し、現在は次男・克彦氏が代表を務める。先代から変わらず、隅から隅まで競馬を愛するオーナーブリーダーのエイシンヒカリや競馬に懸ける思いを聞いた。(取材・文:大恵陽子)


馬主資格を持つ香港はホームグラウンド


 昨年12月13日。阪神JFでメジャーエンブレムが春を楽しみにさせる勝ちっぷりを見せ、香港マイルではモーリスがマイルで絶対的な強さを見せた。そしてもう一つ、うれしい出来事があった。

 エイシンヒカリが逃げ切って香港カップを制覇した。

ドゥラメンテ

▲香港Cで逃げ切り勝ちを見せたエイシンヒカリ(撮影:高橋正和)


 一昨年の秋、アイルランドTで多くの競馬ファンにインパクトを与えた逃走劇から1年。ファンが思い描く「ヒカリらしい」走りでGI初制覇を香港でやってのけたのだ。それも、オークス馬ヌーヴォレコルトや昨年の勝ち馬デザインズオンローム、プリンスオブウェールズSの覇者フリーイーグルを抑えての快挙だった。

 特大の優勝カップを笑顔で持ち上げた馬主の(株)栄進堂代表・平井克彦氏はこう振り返る。

「春の段階から香港を目標にしていました。天皇賞・秋で惨敗してしまったので、一旦仕切り直して次走は翌春の大阪杯へとも思ったのですが、騎手や調教師と話し合った結果、当初の予定通り香港カップに出走することになりました。やっとこの馬の実力を証明でき、GI馬としてのスタートラインに立たせることができてホッとしました」

ドゥラメンテ

▲ガッツポーズを見せた武豊騎手、自身にとって2007年ドバイDF以来の海外GI制覇(撮影:高橋正和)


ドゥラメンテ

▲表彰式で笑顔を見せる関係者(撮影:高橋正和)


 香港国際競走は、父の故・豊光氏の時代にもエイシンプレストンで何度か制覇している。香港には先代との思い出があるのだろうか。

「私が以前、香港や中国でずっと働いていたので、父がチャンスがあれば香港遠征をして、仕事の応援をしてくれていたんです。私が初めて馬主資格を取得したのは香港で、いまは兄(宏承氏)共々、香港ジョッキークラブのメンバーなので、海外遠征というより自分たちのホームグラウンドっていう感覚です。プレストン以来、今度は兄や私の代でまたこうして国際レースの1つを勝つことができて感無量です」

フランスのレースを選んだ理由


 年明けは再び香港で4月のクイーンエリザベスII世カップでGI2勝目を狙う予定だった。しかし、脚元の不安により回避。

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

専属特派員による現地からの最新情報や、著名人によるレース展望・レポートなど、日本馬出走の海外ビッグレース情報をどこよりも詳しく、より早くお届けします。公開はプレミアムサービス限定となります。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング