スマートフォン版へ

今週デビュー新人騎手の中からスターが誕生する予感/トレセン発秘話

  • 2017年03月02日(木) 18時00分


◆“花の33期生”の称号

 中央競馬における人の年度替わりは3月。そう、今週から5人の新人騎手が希望を胸に東西でデビューを迎える。中央だけで戦った昔と違い、いまや公営や外国のすご腕ジョッキーが勝負を挑んでくる時代。トップにのし上がるのも、並大抵ではないが…。

「下馬評通りなら、今年デビューの33期生は相当に面白いんじゃない?」

 こう話すのは武藤雅くんの父・武藤善則調教師。この弁が“親バカ”でないことは、卒業生を褒め倒した競馬学校・亀井校長の言葉が証明する。さらに興味深いのは関東からデビューする他2人も父が騎手である点。「刺激し合えるライバルが同期にいるのは幸運」と武藤師が話すように、横山典弘騎手の息子・武史くん、木幡ファミリーの三男・育也くんも腕達者と評判の新人だ。

「最近は“花の○期生”という言葉がないですよね。僕らがそう言われれば最高です」

 デビュー目前となった雅騎手に目標を聞くと、こんな声が返ってきた。彼は競馬学校を2度目の受験で合格。「待った1年は無駄じゃなかった」と語る通り、江戸崎総合高校1年時に乗馬で全日本準優勝のキャリアを誇る。きっと本番に強いタイプだろう。さらに「(長女の)彩未は芸能活動しているだけあって笑顔がうまいが、以前の雅は写真を撮っても笑顔も見せない。その性格が変わったのがあの一年。周りからかわいがられるようになった」と武藤師。若いころの辛苦は時に人を大きく成長させる。

「小学生までは本気でプロを目指してサッカークラブ4つを掛け持ち。父の現役時代は記憶にないし、騎手を意識したのも乗馬を始めた中学から。それでもサッカーで鍛えた下半身だけはずっと自信がありました」

 本人がこう語るように、きれいな騎乗フォームは決して名前負けしていない。父もそこを買っており、デビュー週に勝負馬(グリッタードリーム=日曜中山2R3歳未勝利(牝))も用意した。

「もちろん幸先いい出だしが理想だが、騎手は3年目までが勝負。オレは新人賞を取って2年目に37勝して、3年目に遊んじゃった。しくじり先生役はつらいけど(笑い)、それじゃダメと雅には言ってある。競馬に関しては何も言わないけど、そこだけはね」(武藤師)

 親子鷹で狙うのは、まずは父と同じ新人賞のタイトル、そして“花の33期生”の称号。「自分を含めて同期はみな負けず嫌い。これからもそんな関係が続く」と雅騎手。武豊の座を継ぐスター騎手が、今年のデビュー組から生まれる? 例年以上にシ烈な新人賞争いがスタートする。(美浦の宴会野郎・山村隆司)

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

2010年に創刊50周年を迎えた夕刊紙。競馬確定面「競馬トウスポ」(大阪スポーツは「競馬大スポ」、中京スポーツは「競馬中京スポ」)は便利な抜き取り16ページで、中身は東スポグループだからこその超充実ぶり。開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載しています。

関東・舘林勲、大阪・松浪大樹の本紙予想のほか、記者による好評コラム(「一撃・山河浩、馬匠・渡辺薫など)、そして井崎脩五郎、爆笑問題の田中裕二、IK血統研など超豪華執筆陣の記事も読みごたえたっぷり。馬券作戦に役立つ情報が満載です。

関連サイト:競馬トウスポWeb

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング