スマートフォン版へ

最強メンバー集結の春の天皇賞

  • 2017年04月28日(金) 12時00分


◆惚れ惚れしてしまったサトノダイヤモンド

 先週のマイラーズCは、開幕週の馬場をよんでのルメール騎手の好判断と、きっちりとイスラボニータを仕上げてきた陣営の手腕も光るものでした。

 個人的には、あの独特なフォームで走る馬ゆえ、1回のレースにおける消耗度は高いようにも思え、次走においては上積みよりも、あの状態をキープできているかどうか?そちらの方が重要な気もします。

 さて今週は、最強メンバー集結の春の天皇賞。面白み満載ですね。

 週中の栗東で惚れ惚れしてしまったのが、サトノダイヤモンド。

 追いきりを終え、逍遙馬道から厩舎地区へと戻る際、後ろから馬を見ていたのですが、トモの踏み込みが弾むような状態。思わず、「ステキ〜」と小声で呟いてしまいました。

 その後、仕事終わりと共に厩舎へとお邪魔をしたのですが、担当の中澤助手に、「見ていて飽きないね〜、美しいね〜、ステキだね〜」と話かけると、いつも同じ温度で穏やかな中澤助手も、「うん」と自然体な様子ながらも、一緒にいることが嬉しそうな雰囲気でした。

 デキに関しても、「もう馬自身が、俺が1番と思っている感じ。我もでてきたンだよね」と。確かに上がり運動も今では先頭を歩き、その堂々たる雰囲気は王者の貫録。元来のシルエットの良さに加え、付くべき所に筋肉も備わり、それでいて柔らかみもある姿は、何度も言いますが芸術品のような美しさ。素晴しいです。

 最終追いきりに騎乗したルメール騎手も、「先々週・先週とやっているから、今日はソフトだった。息もしっかり入っているし、手前もきちんと変えてくれたし、トビがスムーズで良いフットワークだった」と絶賛。気にかけていた手前の部分もクリアとなり、状態はかなり良さそうです。

 ベストが3200mとは言えないですし、内枠を上手に活かすであろう馬もいますので容易にとはいかないものの、あの弾むようなトモの運びをみると、全てをクリアしてくれそうな予感がします。期待します。

 あとは上昇度の高いシャケトラと、繊細な部分が心配要素としては残りますが、状態が抜群によくなっていると感じるトーセンバジルやアドマイヤデウスも気になっています。

 それでは皆さん、週末は是非とも競馬場でお逢いしましょう。ホソジュンでしたぁ。

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

愛知県蒲郡市出身。JRA初の女性騎手として96年にデビュー。その後2000年にはシンガポールにて日本人女性初の海外勝利。2001年6月引退。通算成績493戦14勝。海外2勝。 現在はホース・コラボレーターとしてTV、ラジオ出演の他、文芸ポストにおいて短編小説「ストレイチャイルド」発表するなど、幅広い活躍を見せている。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング