スマートフォン版へ

ヴィクトリアMの穴馬候補、アスカビレンの中尾厩舎を直撃取材!

  • 2017年05月09日(火) 18時00分
アスカビレン1

六甲Sを快勝した、中尾秀正厩舎のアスカビレン号に注目!




中尾調教師「馬体に幅が出てきて、レースセンスも高い」


 大型連休はどんな風に過ごされましたか?僕は、4月30日京都競馬場・5月4日園田競馬場で行われたサンクスホースプロジェクトのイベントのお手伝いに行ってきました。

 4月30日は京都競馬場で最終レース終了後、ファンと騎手が集いチャリティーイベントが行われました。5月4日の園田競馬場でもサンクスホースプロジェクトのチャリティーオークションが行われ、ファンの方の協力で盛り上がりましたよ。

園田競馬場1

5月4日の園田競馬場、ファンの方の協力で盛り上がりました


 角居調教師を初め、武豊騎手や福永祐一騎手なども賛同されています。この日は、全日本障害馬術大会優勝者の西崎純郎ライダーも応援に駆けつけてくれました。西崎さんは、リトレーニングされた馬で乗馬の大会に出場し、優勝経験もあるそうです。すでに活躍馬を出す実績はすごいと思いました。

園田競馬場2

西崎純郎ライダーや、ボランティアスタッフの皆さんと


 真っ赤なジャケットと長靴のサイドに日の丸が入ってるんですよ。こんなカッコイイ方が跨り勝利するとリトレーニングした価値が上がってきますよね。カッコよかったです。しばらく見とれてしまいました。競馬とはまた違った乗馬の魅力を再発見です。

 角居調教師の「競馬も乗馬も同じ馬に携わる競技なので、競馬から乗馬へ、そしてセラピー馬へと活躍の場を作っていけたら」という思いでこのプロジェクトが立ち上がりました。サンクスホースプロジェクトと言ってもまだ知らないという方もおられると思うので、角居先生の言葉をお借りしてちょこっとお知らせします。

「競走馬として活躍できるのはほんの一部で約8歳くらいまででしょう。引退後はどうなってしまうのか、ご存知ですか?ほとんど悲しい生涯を終えてしまうのが現実です。1頭でも多くの引退馬をセカンドキャリアへつなげるために、馬の多様な利活用ができるように乗馬用のリトレーニングを行うことで、引退馬のセカンドキャリアの道が開けてきます」

サンクスホースプロジェクト

角居調教師の思いで立ち上がった、サンクスホースプロジェクト


 僕も障害者乗馬に挑戦していますが、元競走馬に跨り手綱を取ると競馬のレースに乗っているようでワクワクしてきます。その馬で東京パラリンピックに行きたいと思っています。

 競走馬から乗馬用にリトレーニングするには、時間と費用が掛かってきます。岡山県吉備中央町にふるさと納税をしていただくことによって、費用の一部がまかなえるんだそうです。競馬ファンの皆様に少しでも興味を持っていただけると嬉しいです。馬と人とは昔から深いつながりがありますよね。人馬一体ではなく人馬二体だと思います。

 あっ、忘れるところだった!この日、5月4日の園田競馬場では、JRA・地方交流競走の兵庫チャンピオンシップが行われました。宮厩舎のタガノディグオ号が川島騎手の手綱で見事制覇しました。「おめでとうございます」

 昨年は川原正一騎手のケイティブレイブ号が制覇。今年もJRA馬が強さを見せてくれました。目の前1mくらいの距離で見ることができて迫力満点。地方競馬の魅力ですね。地方競馬もぜひ楽しんでください。

***

 中央競馬ファンの皆様には女王の戦い、ヴィクトリアMの取材状況をお知らせします。古馬牝馬の女王と言えばGI2勝のミッキークイーンと、エリザベス女王杯を制したクイーンズリング。両馬ともまさに女帝ですよね。

 2強で決まってしまうのか?魔物が住むというGI競走。何が起こるかわからないのが競馬の魅力でもありますよね。そこで穴馬探しをしてきました。六甲Sを快勝した、中尾秀正厩舎のアスカビレン号に注目!

常石 アスカビレンの魅力を教えてください。

宝来助手 六甲Sの時は、折り合いを重視した競馬に徹した浜中騎手が上手く乗ってくれました。ずっと我慢して終いにいい脚を使うことができましたね。折り合い面だけが気になっていましたが、克服できたと思います。大人感が出てきたかな。

常石 待ちに待った女王の目覚めって感じですよね。いい脚使っていましたね。府中牝馬Sの時も強い競馬を見せてくれましたよね。上位3頭は強かったですが食い下がってましたからね。楽しみな馬だなーと思っていました。

アスカビレン2

待ちに待った女王の目覚め!?


宝来 折り合い面を思うとマイルがいいかなと思いますね。

常石 1ハロン短縮して、アスカビレンにぴったりの距離だったようですね。馬の様子を見ていると距離適性が分かってくるんですか?

宝来 使ってるとピタッとはまる距離ってありますね。スタートも良かったし、アスカビレンの気持ちを考えながらじわっと後方に下げて無理せずレースを運び最後にいい脚を使う、理想的な競馬をしてくれました。折り合いが大事なんですよ。

常石 ちょっと気性の荒いところがあるんですか?

宝来 普段は落ち着いて優しい馬なんですが女性なので、気合が入るとそれが入りすぎてしまう面があるのかな?

常石 うちのおかんとよく似てるなー。俺がのんびりしてるから、乗馬の大会になると俺以上に気合が入ってるな(苦笑)

宝来 それはつねちゃんへの期待が大きいからでしょう(笑)。頑張らないと!

常石 はい(爆笑)。本来のアスカビレンの話に戻って、1週前の今日の追い切りはどうでしたか?

宝来 松田騎手に手綱を取ってもらいました。この馬のことはよく知ってくれているので、ちょっとチャカついていましたが、終い重点にしっかり走っていました。本番は、池添騎手でいきます。

常石 謙ちゃんか、いいね!折り合い面をしっかりつかんで、気合を入れて競馬に臨めるのが強みですね。そんな馬が得意でしょう。楽しみだな。オルフェーヴル号とか思い出すな。

宝来 そこまでのイレ込みはないですけどね。でも想定はしておかないといけないかな?松田騎手も「いい動きをしているなー、気合い乗ってきましたよ」って言ってくれました。

常石 競馬が近いことが分かっているんですね。強い馬って気性が強いというか、はっきりしている馬が多いですよね。

宝来 調教から帰ると馬房でまずは寝転んでリラックスしてから、気分転換に洗い場へ行きます。気持ちのコントロールが上手いですね。

常石 気持ちのコントロールができる馬って乗り易いですよ。スイッチを自分から入れてくれますからね。飼い葉食いもいいですよね。

宝来 食欲モリモリですよ。体重が落ちないので輸送も安心です。

***

 中尾調教師にもお話をお聞きしました。

中尾調教師

中尾調教師「僕も50代になって大人になってきたかな(爆笑)」


常石 アスカビレン、楽しみですね。成長面など教えてください。

中尾 折り合い面が付くようになってきたのが一番の成長かな。

常石 大人になってきましたね。

中尾 そうそう、僕も50代になって大人になってきたかな(爆笑)。つねちゃんもそろそろ大人に仲間入りせなあかんで。

常石 前厄なので今年の正月に厄払いしてきましたよ。おみくじ引いて大吉の1番札だったので、いいこといっぱいありそうです。

中尾 それはいいことだ。アスカビレンも元々気性も良くいい馬なんだけど、競馬が近いことが分かると気合が入ってくるんだよね。馬体に幅が出てきてレースセンスも高い馬だからどれだけ走ってくれるか楽しみ。何と言っても強みは相手の馬に合わせたレースができることかな。とっても乗り易い馬です。今回は牝馬と相性のいい池添騎手に手綱を任せるし、輸送も問題ないよ。

常石 洗い場で見ているとトモに筋肉が付いて、ボリュームが出てきましたね。

中尾調教師

トモに筋肉が付いて、ボリュームが出てきたアスカビレン


中尾 あともう少し力がつくと申し分ないんだよ。グンと腰が上がってくるからね。

常石 走るたびに力ついてきていますよね。充実の5歳になりそうですね。楽しみにしています。

中尾 体重もちょうどいいし、成長楽しみだよね。

常石 小椋佳さんの馬と聞いてるので、北島三郎さんのようにウイナーズサークルで歌ってもらいましょう。

中尾 そうなったらいいけどね(笑)

常石 ありがとうございました。

***

 中尾厩舎は先週5/6(土)京都4レースにオースミコスモの仔(オースミペンタス)が出走。楽しみに応援していましたが、イレ込みがあってうまく走れませんでした。また応援したいです。がんばれ!

 中尾厩舎にはいつも自厩舎に戻ったような感覚でお邪魔しています(作業の邪魔してごめんなさい)。厩舎カラーのジャンバーもいただき、来週から新人見習い厩舎スタッフかな?松下先生、杉山先生からも厩舎服をいただき、見習い研修が忙しくなりそう?厩舎荒らししないように気をつけます(笑)

 皆様協力していただき、ありがとうございます。厩舎服は乗馬練習時、姿勢を正すのにぴったりなので、活用させていただいています。

つねかつこと常石勝義でした。

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

常石勝義
1977年8月2日生まれ、大阪府出身。96年3月にJRAで騎手デビュー。「花の12期生」福永祐一、和田竜二らが同期。同月10日タニノレセプションで初勝利を挙げ、デビュー5か月で12勝をマーク。しかし同年8月の落馬事故で意識不明に。その後奇跡的な回復で復帰し、03年には中山GJでGI制覇(ビッグテースト)。 04年8月28日の豊国JS(小倉)で再び落馬。復帰を目指してリハビリを行っていたが、07年2月28日付で引退。現在は栗東トレセンを中心に取材活動を行っているほか、えふえむ草津(785MHz)の『常石勝義のお馬塾』(毎週金曜日17:30〜)に出演中。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング