スマートフォン版へ

競馬の祭典、日本ダービーに出走する音無厩舎の3頭を追っかけました

  • 2017年05月23日(火) 18時00分
職人

栗東にきていた典さんとパチリ「息子と一緒のレースになると俺のほうが緊張するわ」と照れておられました




またまた大きな記録が出る予感


 東京では今年初の真夏日となった日曜日、東京競馬場でも“暑い熱い”熱戦のオークスが行われました。

 終わってみればソウルスターリングが強い競馬をしましたよね。ぼくはこっそり「カッチャン勝って! イケー、もう少し踏ん張れ! ソウル来るなー」と叫んでいました(笑)。

 C・ルメール騎手も「(桜花賞の)リベンジ」と言いながらも「僕の馬は調子がいいよ」と絶賛していました。スタートも早く、絶好のポジションでレースを展開し長くいい脚を使う、理想の勝ち方でしたね。

 ソウルスターリング、優勝おめでとうございます。ルメール騎手はソウルスターリングの母スタセリタでフランスのオークスも勝っているそうです。国は違っても親子制覇は凄い記録ですよね。馬乗りならではの魅力です。

 そして藤沢和雄先生、史上2人目となるJRA重賞レース100勝は素晴らしい記録ですね。おめでとうございます。

 秋篠宮眞子さまのご婚約が決まり、巷ではこういうときによく言われますが今回も? 馬券も絡んでいたんですよ。ご婚約なのでリングか? いやー、こんな馬券の買い方も面白いですよね。

 モズカッチャン(6番人気)もよく頑張ってくれました。僕と同じ名前と思うと嬉しいので力が入ってしまいます。同期の和田騎手騎乗となるともっと力が入ります。今回は馬券も的中です。めったに当たらないんですよ(笑)。いつもトレセンで情報仕入れて5着以内に来るんですが的中率は悪いです。ファンの皆さんは、僕の取材を参考にしつつ最後は、自分で決定してくださいね。

 さて今週はいよいよダービーです。話題盛り沢山ですよね。池江厩舎3頭出し(もしかして4頭出し?)、音無厩舎3頭出し、宮本厩舎2頭出し、それに中竹厩舎のカデナにユーイチのダービー初勝利がかかっています。

 今回は音無厩舎の3頭を追っかけました。まずは、ダービー初騎乗の松若風馬騎手。デビュー戦からずっと手綱をとっているアメリカズカップでダービーに参戦します。先週の21日(日)京都競馬場11レース下鴨Sではヴォージュで勝ってダービーに大きく弾みをつける勝利を挙げて、期待も大きくなってきましたね。

職人

21日京都11R下鴨Sで勝利を挙げた松若騎手


***

常石 ダービーに初騎乗だそうですね。作戦を練っていますか?

松若 初めてなのでドキドキですが、ドキドキが馬に伝わらない様に平常心で頑張りたいと思います。ちょっとテンションが高くなり力を出すことができなくて最下位でしたが皐月賞を経験しているのが大きいと思う。

常石 輸送も経験し距離も2000mを経験し新馬戦からずっと乗っているのでそのあたりは強みですよね。

松若 新馬戦から普段の調教もずっと乗っていますが乗れば乗るほど難しいと思います。毎日引っかかってる感じがします。この馬のことをもっと知らなくてはと思いますね。ハミをかんでくるので折り合いが難しいです。

常石 僕も経験あるわ。オースミコスモという馬も折り合いが難しい馬でしたね。毎日乗ることで馬の癖をつかむことができるようになりました。

松若 馬の癖を早くつかむことなんですね。皐月賞の後リフレッシュ放牧に出し馬体が重くなりがっちりしてきました。精神面でもプラスになってきたと思います。皐月賞では力を出し切っていなかったと思います。放牧後落ち着いてきているので当日は、僕もカップも落ち着きが勝負となるでしょうね。頑張ります。

職人

アメリカズカップと松若騎手


常石 ダービーに出走できる! ってこともあるけど、ここまで無事に走ってくれたことがうれしいですね。

小林助手 1日1日、馬の様子も違うはずだからポイントをつかんでほしい。風馬で勝ったら凄いことだよ。応援してるよ。

松若 うれしいです。がんばります。

小林 今日(17日)坂路馬場でプレスアテンションを追走し追い切りました。負荷をかけるというよりも終始軽めの調整をしました。折り合いが大事なのでシッカリつけたいですね。

***

 次にダンビュライトについて小林助手にお聞きしました。

小林 ダンビュライトはずっと中3週で使ってきていたので短期放牧に出しリフレッシュさせた。びゅんと反応する感じではないが、しぶとく最後までしっかり伸びる。豊騎手も乗り易くて安定している、と言ってくれました。競馬に行くとスイッチが入るのでテンションが上がってきます。皐月賞では3着としっかり権利をとることができましたね。今日は(17日)は坂路馬場で3本の追切をこなしました。サンライズノヴァと併せ馬をし、テンから速いラップを刻んでいきどちらも最後まで譲らないでかなりしっかりとした負荷をかけることができました。時計は、51.7-37.8-25.0-12.6です。

職人

ダンビュライトと記念撮影


常石 理想の時計が出ていますね。

小林 レースが近いこともわかってきていますね。

常石 アドミラブルの調整はどうですか?

小林 中3週なので在厩で調整してきました。喉なりがあったが手術してから活躍してくれるようになりました。おとなしくて扱いやすい馬です。デムーロ騎手の手綱なので一発やってくれそうですね。乗り易くて楽しみだと言ってくれています。期待大ですね。3頭も行けるなんて夢みたいです。どの馬も本来持つ力を出してくれたらいいですよ。無事に戻ってきてくれることを願っています。

職人

ニンジンを美味しそうに食べてしまうアドミラブルと蛭田乾志助手


常石 ここまで持ってくることは大変ですが、3歳馬なのでこれからの活躍も楽しみですね。ウイナーズサークルで待ってるわ、しんちゃんおしゃれして来てや(笑)。

小林 常さん、俺じゃなくて馬たちでしょう(笑)。ありがとうございます。いい経験させていただきます。

***

次に音無調教師にも念押し取材です。

常石 よろしくおねがいします。3頭について教えてください。

音無 アドミラブルは未勝利の時、喉なりがあったので手術をしたけれど、戻ってきてからしっかり走れるようになり、あの走りはすごかった。未勝利を勝った時の時計とオープン勝った時計よりも速かったので驚きだよね。能力がないとなかなかできないと思うよ。

 休み明けで走ってくれたし時計も速かった。3戦目は、距離を試したかったのと競馬を覚えてほしかったので中3週で使った。オーナーときちんと相談し決めています。能力が高いだけに期待も大きいからね。ダービーへ行くためにはこのローテーションしかなかったですね。二回輸送しているが状態に変わりはないですね。

 ダンビュライトは、入厩してきたときから大物感があった。意識の高さがいい方向にむいている。距離をこなせば走ってくれると思うし皐月賞でも走っているので期待が大きいです。皐月賞の時と同じ仕上がりで出走させられそうです。豊騎手の手腕に任せます。

 アメリカズカップは前走は出遅れ、そこから引っかかってしまい全く競馬をしていない。折り合いが心配ですが新馬からずっと手綱をとってる風馬だから何とかするでしょう。雨が降ればいいかな? 馬よりも初騎乗なので風馬の折り合いが心配ですよ。風馬の平常心が必要でしょう。

 3頭もダービーに出走させることができるのはありがたいことです。ダービーだからと気負わずにスタッフみんなで臨みたいですね。約7000頭の中の1頭だけが勝つんだからすごいことだよ。楽しみだね。

***

 音無厩舎のスタッフの皆さんは、いつものレースと変わらない感じでした。これが平常心で臨むということなんでしょうね。未勝利のレースもダービーもおんなじだよ。だって未勝利勝たないとダービーへ行けないからねと話されていたのがとっても印象的でした。音無先生は元騎手だったので少し小柄なタイプですが器はでっかいですねー。

 中竹厩舎のカデナです。京都2歳Sと弥生賞と重賞2連勝、大外回しての差し切り勝ちで強い競馬をしています。オーナーは、ユーイチ(福永騎手)にダービーをプレゼントする、とのこと。嬉しい声援です。ユーイチ、ウイナーズサークルでまってます。期待は大きいですね。

職人

でっかいあくびをする余裕のカデナ


 宮本厩舎勢も池江厩舎勢も調教は力強い走りを見せていましたよ…。

 いよいよ競馬の祭典、日本ダービーです。3歳馬の頂点を目指し精鋭18頭が競います。さあー28日ギリギリまで悩んで悩んで大いに楽しみましょう。週末は、東京競馬場でおあいしましょう。角居先生の連続勝利、藤沢先生の重賞100勝などに続き、またまた大きな記録が出る予感です。

つねかつこと常石勝義でした

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

常石勝義
1977年8月2日生まれ、大阪府出身。96年3月にJRAで騎手デビュー。「花の12期生」福永祐一、和田竜二らが同期。同月10日タニノレセプションで初勝利を挙げ、デビュー5か月で12勝をマーク。しかし同年8月の落馬事故で意識不明に。その後奇跡的な回復で復帰し、03年には中山GJでGI制覇(ビッグテースト)。 04年8月28日の豊国JS(小倉)で再び落馬。復帰を目指してリハビリを行っていたが、07年2月28日付で引退。現在は栗東トレセンを中心に取材活動を行っているほか、えふえむ草津(785MHz)の『常石勝義のお馬塾』(毎週金曜日17:30〜)に出演中。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング