スマートフォン版へ

先週の宝塚記念を終えて

  • 2017年06月30日(金) 12時00分


◆この1勝でまたさらにオーナーや牧場の信頼を得た堀厩舎

 宝塚記念が終わりましたね。

 先週のコラムでキタサンブラックにおいては、週中のケハイだけでは判断できない、と前2戦をふまえて書きましたが、今回においての当日のパドックは大阪杯以上にトモの具合に不安を感じ、リポートでも、老婆心だと思うのですがと付け加えた上で、「天皇賞時よりも踏み込めていないように思う、左トモが…」とコメントしました。

 もちろんレースでの敗因は馬のみぞ知ることで、自分自身の眼が正しいとか、そうじゃないとか、そういった話をしているのではなく、いろいろと考えさせられる点が多くありました。

 そして何よりも感じたのが、やはり馬の1番近くにいる担当者が馬自身の気持ちを1番に理解していたのだと思えるのです。レース前の東京スポーツの記事において辻田厩務員が、「自分からノッテいくというか、内面からにじみでてくるものがないンですよね。こういうのは初めて」と掲載されていましたが、あのコメントにこそ深いものがあるような気が個人的にはします。

 とにかく無事であってほしいと願うと共に、秋、気持ちが前向きになっていることを祈るばかりです。

 そして勝利をしたサトノクラウンですが、今回においても、改めて堀調教師の素晴しさを感じずにはいられませんでした。この馬は、いろいろな面で難しさがある馬のように感じ、当日にどのようなテンションや体でもっていくか?常に調整方法を探りながらの調整に見受けられ、堀調教師の言葉や調教を観察すると、自問自答と試行錯誤を感じます。

 また当日のパドックにおいてもサトノクラウンの状態を最後の最後まで確認されており、騎手を乗せてからの変化の違いや、今日見せている雰囲気を目に焼き付けているかのように映り、今回の宝塚記念でのノウハウがまた1つ堀師にとってのひき出しとなっている、そんな印象を受けるものでした。そして何よりも、この1勝でまたさらにオーナーや牧場の信頼を得た堀厩舎。今後益々躍進していくことでしょう。

 さぁ今週からは福島競馬が開幕します。競馬場は福島駅から近くにあり、利便性も良く食べ物も美味しいところ。栗東からの道のりは少し遠いですが、福島-東京間の帰りの新幹線では井崎先生とのトーク&お酒が毎年の楽しみの1つでもあります。母となった今は、呑みすぎて途中下車とならないように気をつけるばかりですが…。

 それでは皆さん、週末は競馬場もしくはフジテレビ「みんなのKEIBA」でお逢いしましょう。ホソジュンでしたぁ。

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

愛知県蒲郡市出身。JRA初の女性騎手として96年にデビュー。その後2000年にはシンガポールにて日本人女性初の海外勝利。2001年6月引退。通算成績493戦14勝。海外2勝。 現在はホース・コラボレーターとしてTV、ラジオ出演の他、文芸ポストにおいて短編小説「ストレイチャイルド」発表するなど、幅広い活躍を見せている。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング