スマートフォン版へ

【白浜雄造×高田潤×藤岡佑介】第2回『オジュウチョウサンは眠っていた宝!? 障害で成功する馬をどう見抜く?』

  • 2017年10月04日(水) 18時01分
with 佑

▲佑介騎手悶絶の障害レーストーク、第2回のテーマは『どういう馬が障害に合うのか?』


障害マニアの佑介騎手が気になっているポイントが、「どういう馬が障害に合うのか?」。慎重な馬と怖がらない馬ではどちらが向くのか? 白浜騎手・高田騎手のふたりはそろって、意外な答えを口にしました。実際、最初から素質を見せる馬もいれば、数か月かかって変わる馬もいるそうで、現役最強障害馬のオジュウチョウサンは、実は後者。オジュウチョウサンはなぜこんなにも強くなったのか? 障害で成功する馬に必要なものとは? (取材・構成:不破由妃子)


(前回のつづき)

最強は“飛びが大きくて器用”相反するものを持ち合わせている馬


佑介 この前、自分が乗っていた馬が障害にいくことになって、トレセンの障害コースでスクーリングをさせてもらったんです。

白浜 佑介、障害コースに入ったんや。あんまりないよね?

佑介 ないです、ないです。トレセンとはいえ、あの最後の障害、デカイですよね。前に立ったけど、これは絶対に飛べないと思った。

白浜 そうだろうね。俺たちは木を跨がせるところからやってるから。

with 佑

▲最終的には大きな障害を飛べるほどになるものの、最初の一歩は「木を跨がせるところから」と白浜騎手


佑介 僕ね、どういう馬が障害に合うのか、すごく興味があるんです。逆に、「あの馬、障害にいったとしたらどう思う?」って聞かれることもあって、自分なりに判断材料はあるけれど、僕にはそれを確かめる術がありませんからね。

高田 「メイショウソラーレは、絶対に障害は合わない」って言ってたよな。

佑介 はい。絶対に合わないと思ってたんですけど…。

高田 3連勝したやん(笑)。

佑介 はい…(苦笑)。実際、最初に一本、木を跨ぐときに、ゆっくり脚を上げて跨ぐような馬がいいのか、あるいは平気でゴンゴンぶつかっていくような馬がいいのか。最終的にどっちが作りやすいんですか?

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

質問募集
with 佑 / 藤岡佑介
このコラムでは、ユーザーからの質問を募集しております。あなたから
コラムニストへの「ぜひ聞きたい!」という質問をお待ちしております。
質問フォームへ
with 佑とは
JRAジョッキーの藤岡佑介がホスト役となり、騎手仲間や調教師、厩舎スタッフなど、ホースマンの本音に斬り込む対談企画。関係者からの人望も厚い藤岡佑介が、毎月ゲストの素顔や新たな一面をグイグイ引き出し、“ここでしか読めない”深い競馬トークを繰り広げます。

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1986年3月17日、滋賀県生まれ。父・健一はJRAの調教師、弟・康太もJRAジョッキーという競馬一家。2004年にデビュー。同期は川田将雅、吉田隼人、津村明秀ら。同年に35勝を挙げJRA賞最多勝利新人騎手を獲得。2005年、アズマサンダースで京都牝馬Sを勝利し重賞初制覇。2013年の長期フランス遠征で、海外初勝利をマーク。2018年には、ケイアイノーテックでNHKマイルCに勝利。GI初制覇を飾った。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング