スマートフォン版へ

マイネルの連れションは、関東の連れションに匹敵する大仕事と相成るか?

  • 2017年10月19日(木) 12時00分


マイネル・ウイン・コスモ…岡田繁幸氏を総大将とするマイネル軍団(便宜上・マイネル軍団と記述)の馬が菊花賞に2頭出走する!!!

ウインガナドル!!!
マイネルヴンシュ!!!

!!!(ワーーーー!!!)

なぜ大きな声(!!!)を出してしまうのか?

それは、超久しぶりにマイネル軍団が「軍団」で菊花賞に出走するからだ。

マイネル軍団といえば、新馬戦から仲間とつるんで走ることが多い(要は複数頭出し)、連れション大好き集団だ。ここでも何度か書いているけれど、自分はマイネル軍団の多頭数出しを「木の葉の陣」、「前門の虎 後門の狼」などと称し、そこで作られる独特の展開、ペースを読んで、馬券を買うのが大好きだ。

特に秋の東京の500万、1000万の芝1800、芝2000はなかなかの連れションポイントで、その条件のレースにマイネル系が軍団で出走してくるとウキウキしてしまう。

そんなマイネル軍団が菊花賞に2頭出走する。超久しぶりだけに注目しないわけにはいかない。

以下は、この10年のマイネル軍団の菊花賞の成績。
実は複数頭出しが一度もなくて、出走そのものも少なく、成績もふるっていないことがわかる。そう、マイネル軍団は菊では連れションが少ないのだ。

---------------
この10年(16年〜07年)
---------------

16年 コスモジャーベ 15人気16着 
   前走九十九里特別(1000万)7人気2着 前々走燕特別(500万)2人気1着

14年 マイネルフロスト 13人気7着 
   前走セントライト6人気9着 休養 前々走ダービー12人気3着

12年 コスモオオゾラ 9人気17着 
   休み明け 前走ダービー10人気6着
  
10年 コスモラピュタ 11人気5着 1-1-1-1 0.3差
   前走習志野特別(1000万)4人気1着 前々走500万1人気1着

09年 イグゼキュティヴ 18人気14着 
   前走セントライト18人気15着 前々走巴賞3人気11着

08年 マイネルチャールズ 2人気5着 5-6-4-6 0.8差
   前走セントライト1人気2着 前々走札幌記念2人気6着

(※11年に2着したウインバリアシオンは、ウインがマイネル軍団入りした頃の馬で、ノーザンF色が強かったから省く)

---------------

10年間で6頭出走して、0-0-0-6

馬券になったのは0頭。
掲示板に載ったのは2頭。
マイネルチャールズとコスモラピュタ。
どちらも5着。

馬券的に一番惜しかったのは逃げて、0.3差だったコスモラピュタ(チャールズは0.8差)。

「マイネル軍団の馬が菊花賞で逃げると掲示板に載る」

と、この頃すでに感じていた。
だから「コスモラピュタは逃げに逃げて、天空の城になる」とここでも書いて、大いに期待したものだった。

0.3差だと接戦感は薄いかもしれないけれど、大逃げして、直線に向いた時には逃げ切れる、もしくは馬券圏内には残れるとニギニギしたものだった。ゴール前100Mくらいで、ビッグウィークに捕まって、ゴール前10Mくらいで2〜4着馬に捕まって、5着になってしまったけれど、2900Mまでは天空をラピュタしていた。

1着したビッグウィークの通過順は3-3-2-2だった。

ラピュタの作った流れを最大限利用したのは3番手を追走していたビッグウィークだった。

「この頃すでに逃げを感じていた」のはマイネルデスポットの2着とコスモバルクの4着が大きい。だからもう少しさかのぼる。

---------------
その向こうの6年(06年〜01年)
---------------

04年 コスモバルク 2人気4着 1-1-1-1 0.3差
   前走セントライト1人気1着 前々走北海優駿(ダ)1人気1着
   コスモステージ 17人気18着 2-2-2-10
   前走夕月特別2人気2着 前々走1000万特別2人気6着

1着デルタブルース 5-5-4-2

03年 コスモインペリアル 15人気11着 10-11-12-15
   前走セントライト9人気7着 前々走ダービー18人気14着
   マイネルダオス   17人気17着 4-4-6-13
   前走本栖湖特別(1000万)7人気3着 前々走プリンシパルS 13人気3着

02年 マイネルアムンゼン 12人気14着 
   前走セントライト11人気3着 前々走プリンシパルS2人気9着

01年 マイネルデスポット 11人気2着 1-1-1-1 0.1差
   前走鳴滝特別10人気3着 前々走信濃川特別2人気10着

1着マンハッタンカフェ 10-9-7-6

---------------

コスモバルクは逃げて4着。着差はコスモラピュタと同じ0.3差。
しかも2頭出し!
コスモステージは一生懸命前へ前へつけて(スタートしてすぐには番手を取れなかった)、逃げるコスモバルクの2番手を必死に追走したけれど、最終の4コーナー手前で力尽きて、後退してしまった。

勝ったのはデルタブルース。先行して流れに乗り、4角を回って、直線に向く時にはコスモバルクに馬体を合わせ、ゴール前200Mくらいでバルクを抜き去った。バルクも粘りに粘ったけれど、ゴール前50センチのところで、オペラシチーに差された。

2番手を追走したコスモステージの力がもう少しあったならば、最終コーナーでバルクの外につけ、デルタブルースの直接的馬体合わせを阻止できたかもしれないが、いずれにせよ、バルクの作る流れを最大限利用したのは、道中4、5番手を追走したデルタブルースだった。

01年のマイネルデスポットは、2番手にいた馬が最終コーナーでも馬体を合わせて来なかったので、スムーズに直線に入れた。そこから粘って、ゴール前50センチまで粘って、2着した。人気薄の逃げ馬が「あわや!」を演出する最高のパターンだった。

(2頭出しは03年にもあったけれど、この2頭は先行力も弱く参加するだけだったのでスルー)

で、思う。

コスモバルクの時のデルタブルースのような位置で、コスモラピュタの時のビッグウィークのような位置で、競馬のできる仲間がいたらどうであったろうと。

デルタブルース、ビッグウィークは強い馬だったけれど、菊花賞では8人気、7人気と伏兵馬にすぎなかった。つまり、それなりに力があれば、展開の利を味方にやれる可能性もあるということだ。

とどのつまり、逃げが打てる馬がいて、その馬のペースを前で受けることのできる馬がもう1頭いると………関東の連れションに匹敵する、どでかい大仕事と相成るのでは!?
と願いたいわけだ。

---------------
13年ぶりの2頭出し
---------------

関東の連れションとは、豊臣秀吉が徳川家康に北条家なき後の関東を任せると約束した、伝説的連れ小便のこと。

そんな伝説を今回の2頭で作れるか!? とついつい連れション好きとしては期待してしまうのだ。なんせ13年ぶりですからね。2頭出しは。

問題は、逃げや先行が期待できる2頭が揃っているか? 展開の利があれば、頑張れる、そこそこの実力もある2頭が揃っているか?

ウインガナドル 予想7人気
マイネルヴンシュ 予想14人気

ウインガナドル 前走新潟記念10人気4着 前々走ラジオNIKKEI賞8人気2着

古馬相手のG3で逃げて0.1差の4着は頼もしい。
逃げた時の成績・2-1-1-1も頼もしい。

マイネルヴンシュ 前走九十九里特別(1000万)1着

前走九十九里特別は、デルタブルースの1着が強烈だったからか、いまだにそれなりに注目されるレースだけれど、デルタブルース以後、菊で好走した馬は出ていない。ただネヴァブション、トレイルブレイザーなどその後の重賞で勝ち負けする馬は時々出る。

コスモラピュタも、マイネルデスポットも1000万の特別レースを経て、菊で沸かせた。人気薄なら九十九里特別を理由に削る必要もない。

その九十九里特別は1人気で仲間のウインヴォラーレを差して1着した。マイネル軍団のワンツーで、まさに連れションだった。
ちなみに2走前は、ウインヴォラーレ2着、マイネルヴンシュ5着、3走前はマイネルヴンシュ1着で、仲間は5着、8着だった。連れション経験豊富なことがわかる。

ウインガナドルも仲間と走るのが好きな馬で、500万以上のレース5戦中4戦で仲間と走って、常に先着している。一頭ぼっちで走ったあすなろ賞は7着に負けた。

新潟記念4着    仲間は6着、10着
ラジオNIKKEI賞2着 仲間は5着
夏木立賞1着    仲間は9着
あすなろ賞7着   仲間は0頭
寒竹賞3着     仲間は4着、9着

古馬重賞を逃げて、0.1差の4着したウインガナドル
九十九里特別を先行して、1着したマイネルヴンシュ

1頭は伏兵、もう1頭は人気薄ではあるけれど、逃げたり先行したりできそうな2頭で、それなりに粒の揃った2頭ではなかろうか? 2頭ともに連れション経験も豊富で、そこも頼もしい。

あとは、伏兵が伏兵のままいられるか?

マイネルヴンシュはともかく、ウインガナドルはステイゴールド×メジロマックイーンという血統で、そこにスポットが当たると人気になりそうだ。

週末は雨が予想され、重馬場が予想される。重馬場になると他にも逃げる馬が現れたり、全体的に前の意識が高まりそうで、それも困る。いつも逃げたいのに逃げられずにいたクリンチャーあたりも重馬場なら逃げられそうだ。

2頭ともに重馬場がダメとは思わないし、むしろ重馬場の方がいいのかもしれないけれど、人気になるなら良馬場のほうがいい。連れションは雨より晴天がいいに決まっているのだ。

---------------
菊花賞注目馬
---------------

ウインガナドル
マイネルヴンシュ
ベストアプローチ

秋華賞は、非系騎乗のMデムーロのモズカッチャンを大事にして、ルメール騎乗のディアドラをナイガシロにして、ひどい目にあった。ただモズカッチャンは落鉄の不利はあったものの、ちゃんと本番で上昇していた。

今週もMデムーロは非系のキセキに乗る。ならば今週も当然期待いっぱいだけど、予想1人気! 
ルメールは予想2人気!
秋華賞を1人気で圏外に敗れた横山の典さんのミッキースワローは予想3人気!

ならば、別の馬から、この3頭を素直に絡めよう。

別の馬の筆頭は、もちろん連れションの2頭。
ただ、自分の期待した馬は4着、5着に負けることが多い。ディーマジェスティも、タンタアレグリアも、ショウナンラグーンも、ベールドインパクトも、ハーバーコマンドも、コスモラピュタも、みんな4着か5着だ。自分にとって、菊花賞の歴史は4着、5着でパンチドランクする歴史だ。

だからというわけではないけど、ベストアプローチにも期待している。

ベストアプローチはダービーで9着だった。
菊花賞はダービーで8着〜12着くらいする馬がときどき穴をあける(キタサンブラックは14着で勝ったけど)。

該当馬は、9着ベストアプローチ、10着サトノアーサーの2頭。ならば人気のなさそうな方をチョイス。だからベストアプローチ。

前走の+10キロは、藤原英厩舎が菊花賞に狙いを定めている証とみた!

競馬専門誌・競馬王の元本紙予想担当。今は競馬王その他にて、変な立ち位置や変な隙間を見つけて、競馬の予想のようなものを展開中のニギニギ系。 著書はなし。最新刊「グラサン師匠の鉄板競馬 最前線で異彩を放つ看板予想家の鉄板録」に再び間借りして、4年ぶりに全重賞・根多の大百科的なものを執筆。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング