スマートフォン版へ

ララベルの軌跡を振り返る(前編)

  • 2017年11月07日(火) 18時00分


◆10年ぶりに地方馬によるJBC制覇となった

 大井のララベルがJBCレディスクラシックを制した。近年、JBCのたびに言われていたのは、「地方馬がJBCを制したのは、2007年スプリントのフジノウェーブのみ」ということ。以来、10年ぶりに地方馬によるJBC制覇となった。

ララベル

JBCレディスクラシックを制したララベル


 10年に一度のこと、という言い方をするとちょっと寂しいが、それほどの快挙だったともいえる。デビュー前から期待された大井の生え抜きだったということでは、関係者にとってもひときわ思い入れがあったようだ。

 歓喜の勝利だっただけに、表彰式後の共同インタビューで、荒山勝徳調教師が涙で声を詰まらせたのにはちょっと驚いた。

 そのインタビューでは「万全の状態でレースに使ったことがない馬で、それでも常に一生懸命走ってくれて、ここまで無事にきてくれて……」ということを話していた。たしかにララベルでは、勝ったときも、負けたときも、

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1964年生まれ。グリーンチャンネル『地・中・海ケイバモード』解説。NAR公式サイト『ウェブハロン』、『優駿』、『週刊競馬ブック』等で記事を執筆。ドバイ、ブリーダーズC、シンガポール、香港などの国際レースにも毎年足を運ぶ。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング