スマートフォン版へ

真冬の難解レースは今年も未解決なナゾを撒き散らした?/シルクロードS

  • 2018年01月29日(月) 12時00分

(c)netkeiba.com



 昨年のこの冬の東京開催変わりの週では、72レース中41レースを的中という幸運な週でした。今年も数としては3場合計34レース的中でしたが回収率の伸びが一息。やはり3連単でのデカい配当をいくつか決めておかないとダメなようです。

 今週も日曜日は重賞2つ。まず、東京『根岸S』は昨年学んだ【教訓】が効いて、☆◎○で馬単5080円、3連単2万200円をゲットできました。このレースは相性が良く、2年連続的中です。しかし一方の京都『シルクロードS』は今年も獲り逃し…。というより完全な方向違いでした。今回はこのレースに対しての反省アプローチをします。

【検証ナンバー118】
サンプルレース名/2018年01月28日(日)京都11R・シルクロードS(GIII)芝1200m

【レース前状況】
『高松宮記念』を2か月後に控える1200mハンデ戦。週中の雪の影響が残った京都競馬場。この日も時折、粉雪がちらつく生憎の天気となった。それでも馬場は良、今週からBコースでの開催である。1番人気になったのはダイアナヘイロー(武豊)。3か月半の放牧明けだが得意の京都で人気が集まる。2番人気はアレスバローズ(デムーロ)。準オープンを勝ったばかりだが鞍上込みでの人気に。以下、人気はカラクレナイ(池添)、57キロのファインニードル(川田)、58キロの最重量ハンデのセイウンコウセイ(松田)と続いていた。

【レース結果】
1着ファインニードル 牡5(4番人気)川田
2着セイウンコウセイ 牡5(5番人気)松田
3着フミノムーン 牡6(15番人気)国分優

【払い戻し】
単勝 770円
枠連 490円
馬連 3200円
馬単 5830円
3連複 5万4280円
3連単 23万7290円



『根岸S』はほぼ指数通りに走ってくれた!


 まずは当たったほうの『根岸S』の振り返りを少し。

 昨年の【教訓】は

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

No.1予想家の大石川大二郎が、前週の荒れたレースを「どうすれば取れたか」という視点で徹底分析。さっそく今週のレースから使える教訓を伝授、「未来の馬券力」を上げちゃうコラムです!!

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング