スマートフォン版へ

未知の2400mに対応できるのはどの馬か!?オークスの有力馬を馬体面から分析!

  • 2018年05月16日(水) 18時00分


トモの肉付きが良くなったアーモンドアイ


トモ



 今週はオークスに出走を予定している有力馬について馬体面から考察したいと思います。

【アーモンドアイ】

 前走時よりもふっくらして、トモの肉付きが良くなった印象です。筋肉の質が非常に柔軟で、飛節も力強いです。蹄のエクイロックスは気になりますが、これは前走時もあったので気にする必要はないでしょう。距離延長はプラスとまでは言えませんが、こなせる範囲だと思います。

【ラッキーライラック】

 写真では筋肉の質が硬く映りますが、

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

中央競馬で全レースのパドック・返し馬を徹底観察。繋(つなぎ)や蹄、体型、骨量、筋肉の量・質、関節の柔軟性や、脚元、馬具などのデータを採取。そこから競走馬の能力、適性などに加え脚質も見抜き、馬券を組み立てる。パドック派にありがちな本命予想ではなく、複勝で10倍を超えるような穴馬を見つけるのが得意。

No.1予想にてパドック予想提供中!

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング