スマートフォン版へ

スイープトウショウ「母から娘へ、果てしない夢の続き」

  • 2018年06月18日(月) 12時30分


GIドキュメント

▲2007年6歳で競走馬を引退したスイープトウショウは今年17歳になった(提供:ノーザンファーム)


牡馬をねじ伏せた激走から13年、スイープトウショウのいま


 上半期の競馬シーズンを締めくくる春のグランプリ宝塚記念。2005年は連覇を狙うタップダンスシチー、前年の年度代表馬ゼンノロブロイ、飛躍を狙うハーツクライなど、牡馬の強豪が顔を揃えた。レースは先行した1番人気タップダンスシチーが直線で失速、2番人気ゼンノロブロイは有馬記念以来の出走が影響したのか3着確保がやっと。そんな中、11番人気のスイープトウショウは、中団で折り合い、直線でスパートをかけると、外から追い込んできたハーツクライをクビ差抑え、牝馬として39年ぶりに宝塚記念制覇を成し遂げた。

2005年:宝塚記念


GIドキュメント

▲池添謙一騎手とのコンビで数々のドラマを生み出した(C)netkeiba.com


 通算24戦8勝、宝塚記念を含むGI3勝の輝かしい実績を残し、競走馬を引退。その後は、生まれ故郷のトウショウ牧場で繁殖牝馬生活を送っていたが、2015年10月に牧場が閉鎖。現在は安平町のノーザンファームに移動し、繁殖牝馬として穏やかに暮らしている。

「牧場では14時から朝7時まで放牧地にいます。牧草を食んだり、歩いたり、眠ったりして、のんびりと暮らしています。今年1月にドゥラメンテとの牝馬が誕生しました。今はキタサンブラックの仔を受胎していますよ。子育てはベタベタしすぎず、つかず離れずちょうど良い感じです。放牧地では目立つ存在ではありません。他の繁殖牝馬に対しては蹴散らすわけでもなく、馬同士で揉め事があっても我関せずのスタイルです。17歳と年齢も高いですし、馬に対してピリピリすることはありませんね」と話すのは、ノーザンファーム繁殖厩舎の岸川学厩舎長だ。

続きはプレミアムコース登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらからログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

有名予想家・ライターによるGIスペシャルコラムや、有力馬密着レポート、1週前からの調教レポートなど、GIレースの攻略情報をどこよりも詳しく、より濃密にお届けします。公開はプレミアムサービス限定となります。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング