スマートフォン版へ

【石橋脩×藤岡佑介】第1回『ラッキーライラックの主戦として振り返る桜花賞とオークス』

  • 2018年06月20日(水) 18時02分
with 佑

▲「取材嫌い、写真嫌い」の石橋騎手(右)、貴重な対談で何を語るのか!?


今回のゲストは石橋脩騎手です。マスコミの間では「取材嫌い、写真嫌い」で有名。人との関わり方に自分ルールがある石橋騎手は、「(本心では)そっとしておいてほしい」と苦笑い。しかし、この春は「そっとしておいてもらえる」存在ではありませんでした。2歳女王ラッキーライラックと共に、絶対的な1頭として挑んだ桜花賞。佑介騎手が“完璧”と称する騎乗をもってしても、叶わなかった1着でのゴール。石橋騎手の目に、アーモンドアイはどのように映っているのでしょうか。 (取材・構成:不破由妃子)


一瞬にして抜かれて、何の抵抗もできず…


──石橋さん、今日はお越しいただきありがとうございます。あまりこういう取材はお好きじゃないと伺っていたのですが、今回出ていただけたのは……

石橋 それはやっぱり(対談の相手が)藤岡だから…ですかね。

佑介 ありがとうございます! 最初に打診したときから乗り気じゃないのはわかっていましたけど、押せばいけそうな空気感だったので、そこは半ば強引に(笑)。

石橋 藤岡のことは嫌いじゃないから(笑)。

with 佑

▲「なぜこの取材を受けたか? 藤岡のことは嫌いじゃないから(笑)」


佑介 脩ちゃんの場合、「嫌いじゃない」か「嫌い」かの二択だから、「嫌いじゃない」イコール「好き」っていうことでいいんですよね?

石橋 うん、まぁ…(苦笑)。藤岡はいいヤツだからね。

佑介 ほとんど取材を受けないからか、脩ちゃんに対して無口なイメージを持っているファンも多いと思いますが、もともとは口数の少ないタイプではないですもんね。ジョッキールームでは、むしろ僕より喋ってるくらい(笑)。

石橋 自分のことを分かってくれてるな、相手の言動が理解できるな、と思えばたくさん喋ることができる。でも、そうじゃない人や初めての人には壁を作っちゃうんですよね。その壁が人よりも高いのかもしれない。僕ね、「気にしい」なんだよね。こういう取材でいえば、同じ言葉でも読み手によって受け取り方が違ってくるでしょ? そういうのが嫌だなって。だから、自分が発したことはなるべく書いてほしくない。もうね、そっとしておいてほしいんです…(苦笑)。

佑介 でも、この春は「そっとしておいてもらえる」存在ではなかったですからね。とくに桜花賞は、絶対的な1頭として臨んだわけで。将雅(ハープスター)のときもそうだったけど、年齢の近いジョッキーがああいう立場でクラシックに挑むというのは、結果がどうであれ、すごいことだなと思うんです。

石橋 阪神ジュベナイルFも破壊力のある勝ち方をしてくれたけど、それ以上にチューリップ賞の内容がすごくよくて、「これは強いな」と確信して。だから自信はあったんだけどね。

with 佑

▲「これは強い」と確信したチューリップ賞、デビューから4戦無敗で桜花賞を迎えることに (C)netkeiba.com


佑介 そんななか、桜花賞は1枠1番。これは相当厳しい競馬になるんじゃないかと…。

石橋 うん、嫌だなぁと思ってた。でも、隣の馬(アマルフィコースト)が出走を取り止めたでしょ? ゲートもうるさいって聞いていたし、けっこう先行力のある馬だから、スタートして前に入られたりしたら…とかいろいろ考えていたんだけど、取消になったことで、これは運が向いてきたかなと。

佑介 レースとしては、これ以上ないというほど完璧な立ち回りでしたよね。僕(アンヴァル17着)は3コーナー手前からずっと近くにいましたが、直線に向いた時点で、「脩ちゃん、勝ったな」と思いましたもん。だから、戻ってきて着順を見たとき、「負けたの!? あんなに完璧な競馬で!?」ってすごく驚いて。

石橋 いい感じで運べたんだけどなぁ。3コーナーで余計な動きをすることなくスッと進路を確保できた時点で“あ、大丈夫だな”と思ったんだけど…。いやぁ、アーモンドアイはすごかった。もう一瞬にして抜かれたからね。何の抵抗もできずに、「えっ!?」っていう感じだった。

with 佑

▲先頭に立ったラッキーライラック(白帽)、しかし外から猛烈に追い込んでくるアーモンドアイ(橙帽)の姿が (C)netkeiba.com


佑介 ラッキーライラックも相当強い馬だと思いますけどね。上には上がいたという…。

石橋 桜花賞が終わったあと、(シンザン記念でアーモンドアイに騎乗していた)戸崎さんが「あの馬は名牝級だよ。この先、男馬と互角に戦っていけるレベルだと思う」って言ってた。レース後に教えてくれたあたり、僕に気を遣ってくれたんだね、きっと。

佑介 桜花賞のあと、「ラッキーライラックはオークス向き。だから逆転できる」みたいな報道がけっこう出ていましたけど、阪神のマイルをあのスピードで走ることを思うと、はたして本当にそうなんだろうか…と思っていました。

石橋 距離については、まったく不安がなかったといえば嘘になる。まぁ、僕だけじゃなく、オークスに関してはみんなそうだと思うけどね。外枠でも当たっちゃったら嫌だな…と思っていたら、内枠(1枠2番)を引いてくれたから、あとは折り合いだけだなと。結果的に、どう乗ったところでアーモンドアイには敵わなかったと思うけど、2、3着に関しては、大事に乗ったか攻めたかの差だと思う。リリーノーブルも決して折り合いに不安がないタイプではないと思うけど、川田はあの位置を取りにいったからね。素直にすごいなと思った。

佑介 将雅とはオークスの前に話したんですけど、「枠も隣になったし、まずはラッキーライラックを負かして、あとはアーモンドアイがくるかこないかの競馬をする」って言っていて、まさにその通りの競馬をしましたよね。でも、結局は絶対能力値に勝る馬が突き抜けた。駆け引きもあったし、ジョッキーの目から見てもすごく面白いレースでしたけどね。

石橋 ルメールのなにが巧いって、ずっとあそこ(ラッキーライラックの外斜め後ろ)にいたからねぇ。

佑介 最初はけっこう掛かり気味だったから、どうなることかと思いましたけどね。

石橋 スタート前も、「大丈夫かな?」と思うくらい、歓声に反応してイレ込んでいたんだけど…。

佑介 そんなこんなも、すべてを凌駕していきましたからね。でも、アーモンドアイだけじゃなく、今年の3歳牝馬は相当強いと思います。ラッキーライラックもリリーノーブルも、生まれた年が違ったら春2冠を獲れていたんじゃないかと思うくらいです。

(文中敬称略、次回へつづく)
質問募集
with 佑 / 藤岡佑介
このコラムでは、ユーザーからの質問を募集しております。あなたから
コラムニストへの「ぜひ聞きたい!」という質問をお待ちしております。
質問フォームへ
with 佑とは
JRAジョッキーの藤岡佑介がホスト役となり、騎手仲間や調教師、厩舎スタッフなど、ホースマンの本音に斬り込む対談企画。関係者からの人望も厚い藤岡佑介が、毎月ゲストの素顔や新たな一面をグイグイ引き出し、“ここでしか読めない”深い競馬トークを繰り広げます。

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1986年3月17日、滋賀県生まれ。父・健一はJRAの調教師、弟・康太もJRAジョッキーという競馬一家。2004年にデビュー。同期は川田将雅、吉田隼人、津村明秀ら。同年に35勝を挙げJRA賞最多勝利新人騎手を獲得。2005年、アズマサンダースで京都牝馬Sを勝利し重賞初制覇。2013年の長期フランス遠征で、海外初勝利をマーク。2018年には、ケイアイノーテックでNHKマイルCに勝利。GI初制覇を飾った。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング