スマートフォン版へ

【岩田康誠×藤岡佑介】第2回『突然の丸坊主の真相と、来年騎手デビューの息子への思い』

  • 2018年09月19日(水) 18時01分
▲来年騎手デビューを迎える息子、望来(みらい)くんへの思い

久々にメディアの前に登場した岩田康誠騎手との対談。第2回のテーマは、多くのファンの方も気になっていたであろうこの話題から。初の重賞未勝利、勝ち星も68勝と激減した2016年。突然の丸坊主頭に周囲はざわざわ。きっかけや心境は何だったのでしょうか? さらに“大型新人”と早くも注目を集めている、来年騎手デビューを迎える息子、望来(みらい)くんについて。名手がのぞかせる本音に迫ります。 (構成:不破由妃子)

藤原英昭先生にすべてお任せしてるんやけど


──JRAに移籍して以降、初の重賞未勝利、勝ち星も68勝と激減した2016年ですが、今振り返って思い当たる原因はありますか?

岩田 いや、何もないんやけどなぁ。

佑介 僕は、“長くジョッキーをやっていれば、岩田さんほどの人でもこういう時期もあるのか…”と思って見ていました。岩田さんの競馬が変わったわけではないし、ケガをしていたわけでもないけど、なぜか勝ち切れないというか。

岩田 また勝てなくなると、“岩田らしくない”とかよう言われてね。

佑介 そういえば、丸坊主になったのって2016年あたりでしたよね?

岩田 そうやね。あれはね、息子が競馬学校に入ったから、俺も一緒に(坊主に)するかということで。

──そうだったんですね。私はてっきり、何かの禊かと…(苦笑)。

岩田 違うわ(笑)! あと、あの年は松田(博資)先生が定年を迎えられたこともあって。お世話になった先生が引退されて、息子が競馬学校に入って、俺もまた心機一転頑張ろうみたいな気持ちになって、心機一転しすぎたみたいな(笑)。でも、今思うとなんやったんかなぁ。自分でもようわからん…(苦笑)。

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

質問募集
with 佑 / 藤岡佑介
このコラムでは、ユーザーからの質問を募集しております。あなたから
コラムニストへの「ぜひ聞きたい!」という質問をお待ちしております。
質問フォームへ
with 佑とは
JRAジョッキーの藤岡佑介がホスト役となり、騎手仲間や調教師、厩舎スタッフなど、ホースマンの本音に斬り込む対談企画。関係者からの人望も厚い藤岡佑介が、毎月ゲストの素顔や新たな一面をグイグイ引き出し、“ここでしか読めない”深い競馬トークを繰り広げます。

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1986年3月17日、滋賀県生まれ。父・健一はJRAの調教師、弟・康太もJRAジョッキーという競馬一家。2004年にデビュー。同期は川田将雅、吉田隼人、津村明秀ら。同年に35勝を挙げJRA賞最多勝利新人騎手を獲得。2005年、アズマサンダースで京都牝馬Sを勝利し重賞初制覇。2013年の長期フランス遠征で、海外初勝利をマーク。2018年には、ケイアイノーテックでNHKマイルCに勝利。GI初制覇を飾った。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング