スマートフォン版へ

【岩田康誠×藤岡佑介】第5回『息子の騎手デビューも間近 岩田騎手のセカンドキャリアを考えてみた!』

  • 2018年10月10日(水) 18時02分

▲佑介騎手からセカンドキャリアについて提案! 岩田騎手の反応は…!?


岩田康誠騎手の騎乗論から勝負師としての心理まで、幅広く語り合ってきた対談も今回が最終回。「テッペン獲ったる!」という思いでJRAに移籍してきたという岩田騎手。そこから多くの実績を積み上げてきたいま、気になるのが岩田騎手のセカンドキャリア。佑介騎手からの提案に岩田騎手の反応は…!? (構成:不破由妃子)

外国人騎手の活躍をどう受け止めているのか


──現在、全国リーディングでは、クリストフとミルコが3位以下を大きく引き離しています。さらに、短期免許で騎乗中のモレイラも大活躍。正直、岩田さんはこういった現状をどう受け止めていらっしゃいますか?

岩田 俺だけではなく、みんな悔しい思いをしていると思う。でも、やっぱり数字に出てしまっているからね。そこは冷静に受け止めなアカンと思ってる。実際、彼らはミスも少ないし、確実に勝たせてくるってのもあるし。強い馬に巧いジョッキーが乗ることも、結果的に彼らが選びたい放題になることも、勝負の世界やから当然といえば当然。ただ、それを「仕方がない」と言ってしまったらそこで終わってしまうからね。

佑介 そうですよね。

岩田 結局、俺たちひとりひとりがもっと技術を上げて、彼らの勝ち星を奪い取るしかないねんな。将雅がイギリスに行ったのも、佑介がフランスに行ったのも、結局はそこにつながるわけやろ? 何かが足りないと思ったからこそチャレンジしたんやろうし、その答えは帰ってきてから見つけていけばいいわけやし。みんな本当に頑張ってるよね。俺は陰ながらみんなを応援しているよ。

佑介 ちょっと、ちょっと(笑)。なんで岩田さんが応援する側に回ってるんですか。

with 佑

▲佑介「なんで岩田さんが応援する側に回ってるんですか」


──まるで保護者のような発言ですね(笑)。

岩田 この年になると、保護者みたいになるねんて(笑)。もちろんね、俺も頑張るけどさ。佑介くらいの年だったらもっとギラギラしていると思うし、実際そうだったからね、昔は。「絶対に誰にも負けへん!」と思っていたし、中央に移籍してきた頃は「テッペン獲ったる!」なんて威勢のいいことを言ってたけどさ。それができなかったっていう現実があるわけで。

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

質問募集
with 佑 / 藤岡佑介
このコラムでは、ユーザーからの質問を募集しております。あなたから
コラムニストへの「ぜひ聞きたい!」という質問をお待ちしております。
質問フォームへ
with 佑とは
JRAジョッキーの藤岡佑介がホスト役となり、騎手仲間や調教師、厩舎スタッフなど、ホースマンの本音に斬り込む対談企画。関係者からの人望も厚い藤岡佑介が、毎月ゲストの素顔や新たな一面をグイグイ引き出し、“ここでしか読めない”深い競馬トークを繰り広げます。

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1986年3月17日、滋賀県生まれ。父・健一はJRAの調教師、弟・康太もJRAジョッキーという競馬一家。2004年にデビュー。同期は川田将雅、吉田隼人、津村明秀ら。同年に35勝を挙げJRA賞最多勝利新人騎手を獲得。2005年、アズマサンダースで京都牝馬Sを勝利し重賞初制覇。2013年の長期フランス遠征で、海外初勝利をマーク。2018年には、ケイアイノーテックでNHKマイルCに勝利。GI初制覇を飾った。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング