スマートフォン版へ

【池添謙一×佐藤哲三】『最強の証明へ― ブラストワンピース、異例ローテと“超大外一気”の意図』/第4回

  • 2018年10月18日(木) 18時02分
哲三の眼!

▲新潟記念、鞍上が語る異例ローテと“超大外一気”の意図とは(撮影:下野雄規)


いよいよ今週は牡馬クラシック最終戦の菊花賞。自信をもって臨みながら悔恨のダービーとなった池添騎手にとって、絶対に譲れない大一番となります。そこで対談企画の最終回は、池添騎手自身が哲三氏とともにブラストワンピースの前走・新潟記念を回顧。異例ローテを組んだ意図や、最後の直線で千直のレース並みに外ラチ沿いを通った理由などを明かすともに、“一番強い馬”を証明することへの意気込みと手応えに迫ります。(構成:不破由妃子)

「もっともっと強くなる。ジョッキーとして、その手応えがあります」


哲三 最後に菊花賞に向けての意気込みを聞きたいんやけど、ダービー以来となった新潟記念は快勝やったね。

池添 新潟記念のときは、すごく状態が良かったんです。当日の馬体重はダービーからマイナス2キロでしたが、一度プラス10キロを経験したからか、僕が乗った1週前追い切りにしても当日の返し馬にしても、走りがすごく素軽くて。

哲三 レースでは、道中ちょっと気合いをつける場面があったね。

池添 はい、道中は少しボケてましたね(笑)。僕ね、絶対に福永先輩(メートルダール2着)が後ろにいると思っていたんですよ。だから、ダービーの二の舞だけは避けたいと思って、4角で早めに外を確保したんです。

哲三 ああ、ピタリと後ろにいたよね。

■9月2日新潟記念(1番:ブラストワンピース)

池添 この前、福永先輩ともそのときの話をしたんです。「締められるのが嫌だったから、ちょっと早いかなと思いつつ、4角を回り切ってすぐに外に出したんです」と。そうしたら

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1970年9月14日生まれ。1989年に騎手デビューを果たし、以降はJRA・地方問わずに活躍。2014年に引退し、競馬解説者に転身。通算勝利数は954勝、うちGI勝利は11勝(ともに地方含む)。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング