スマートフォン版へ

LINEを見て驚愕!→大儲けのはずが…(村本浩平)

  • 2018年10月30日(火) 18時00分

シェーングランツはいかにもオークス向き、と記しておこう


 知り合いのカメラマンから送られて来たLINEを見て驚愕した。そこには、

「10月の平地重賞、全てノーザンファーム生産馬が勝利してます」

 と書いてあったからだ。

 まさか、と思い調べてみると、10月6日のサウジアラビアロイヤルカップ(グランアレグリア)から、毎日王冠(アエロリット)、京都大賞典(サトノダイヤモンド)、アイルランドトロフィー府中牝馬ステークス(ディアドラ)、秋華賞(アーモンドアイ)、富士ステークス(ロジクライ)、菊花賞(フィエールマン)と、確かに重賞勝ち馬にはノーザンファーム生産馬の名前が並んでいた。

 LINEをもらったのは秋華賞の後だったのだが、この調子だとスワンステークスも、アルテミスステークスも、そして、天皇賞・秋もノーザンファーム生産馬が勝利→馬券を転がして大儲け\(^O^)/! と意気込んで馬券を買ってみたのだが、その結果は…お察しください(ちなみに天皇賞・秋はノーザンファーム生産馬のレイデオロが勝利しました)。

 このノーザンファーム大攻勢の中で一矢を報いた印象があったのは、アルテミスステークスをレコードで制した、社台ファーム生産馬のシェーングランツ。札幌開幕週でのデビュー、そして初勝利も札幌競馬場ということで、そのレースぶりだけでなく、馬体もじっくりと目にする機会があった。

 シェーングランツの半姉は阪神ジュベナイルフィリーズを制し、次の年にはオークスも勝利したソウルスターリングである。そのソウルスターリングもまた、その年の札幌開幕週で鮮烈なデビューを果たしたのだが、レースぶりも含めた姿も目の当たりにした印象からすると、現時点での完成度ではまだ劣るかなとの印象を受けた。

 未勝利戦で2着に5馬身差を付ける圧勝を遂げた時ですら、「本当に良くなるのは来年の春。オークス向きのはず」と軽視していたのは事実である。それだけに、芝のマイルをあれだけの時計で走破しただけでなく、メンバー中最速となる上がり3ハロン33秒8の末脚で上がってきたときには、グリーンチャンネルのレース映像を呆然と見守るしかなかった(馬券は筆者が5月23日の赤本取材班コラムで推奨した、ヴィクトワールピサ産駒というくくりから、産駒のエールヴォアから買っておりました)。

 まあ、馬券の与太話はさておいて、2歳重賞を圧巻のパフォーマンスで勝利したものの、シェーングランツがまだ未完成であるという観点には変わりは無い。しかしながら、社台ファームの関係者に、「おめでとうございます!」と連絡をした際に、

「右回りよりも左回りの方がスムーズに走れそうだったのと、直線が長いコースが向いているとも思っていたので、このレースは期待していました!」

 との返事が返ってきた。「なら、レース前に言ってよ!」とツッコミを入れたくなりながらも、その言葉に、改めてオークスではガッツリ馬券を買おう! との思いが強くなった。

 勿論、出走が予定されている阪神JFを軽視するわけではない。しかしながら、姉も制した舞台、なおかつ距離が合った方が更に良さそうな血統背景からしても、「シェーングランツは来年のオークスの本命!」と、自分の馬券に対する備忘録として、このコラムに書き記しておきたい。

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

須田鷹雄+取材班が赤本紹介馬の近況や有力馬の最新情報、取材こぼれ話などを披露します!

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング