スマートフォン版へ

【JBCクラシック】ゆる〜い出馬表 ノンコノユメの良き先輩はあの馬?

  • 2018年10月30日(火) 12時00分
今週末はダートの祭典JBC競走!今年の日本ダービーで行った企画「ゆる〜い出馬表」が帰ってきました!血統や競走成績ではなく、ここでは性格やくせなどをご紹介。出走馬たちの知られざる素顔に迫ります。予想に役立つ情報はほぼありませんので、ゆる〜い気持ちでご覧ください。

(取材=栗東/地方・大恵陽子、美浦・佐々木祥恵、南関東・高橋華代子)

※取材スケジュールの都合上、全頭ご紹介できませんが、ご了承ください。


アスカノロマン 牡7 (栗東/川村禎彦厩舎)


馬ラエティBOX

(佐藤剛厩務員)

「ロマン」って呼んでいます。2歳の夏前からだから、もう5年半くらいの付き合いになるかなぁ。はじめは大人しかったんですが、重賞を勝った頃は暴れ出したら手をつけられないほどの元気良さがありました。うちの厩舎は午後運動をするのですが、1人では曳き運動ができないほどでしたね。今はまた落ち着きが出てきましたよ。

 好き嫌いはなくて何でも食べるんですが、だいたいの馬が口に入れる時に「これ、なんだ?」って吟味するんですが、ロマンは食べてから「なんじゃこれ」ってなるんです(笑)。

アポロケンタッキー 牡6 (栗東/山内研二厩舎)


馬ラエティBOX

(富岡潤調教助手)

「アポロ」って呼んでいます。大きな馬って意外とそうなんですが、アポロも根性がないんです。威嚇しようとしているのか、不思議な部分で怒ったりしていますね。調教はいつも朝一番で、終わったら先にエサをあげているんですが、他の馬の調教に出ようとすると耳を絞って怒るんです(苦笑)。デビューの頃はここまでではなかったですが、大きくなりましたね。ゲートの中で窮屈なんじゃないかな?馬に聞いてみないと分からないけどね。状態がいいだけでは勝てないのがG1ですが、勲章をまた1つ増やしてあげたいですね。

オールブラッシュ 牡6 (栗東/村山明厩舎)


馬ラエティBOX

(野田修治調教助手)

「オール」って呼んでいます。ボーっとしていますが、大人しいってわけでもないですね。馬房掃除をする時は、ニンジンをあげて気を逸らしています。周りの馬が暴れるとつられてしまうので、調教はみんなと時間をズラしています。走り出すと真面目ですよ。レースでも手を抜くことなく毎回真面目に走ってくれますよね。

オメガパフューム 牡3 (栗東/安田翔伍厩舎)


馬ラエティBOX

(安田翔伍調教師)

「パフュームちゃん」って呼んでいます。構ってほしがる馬ですね。馬房の前を通る時、挨拶してくるというか「遊んで」って言ってくるので、急いでいてもつい足を止めてしまいます。うちの厩舎、人懐っこい子が多くて、端から端まで歩くのに時間がかかっちゃいます(笑)。昨年、技術調教師をしている時に社台ファームの千葉セリ上場馬がいる厩舎で研修をしていて、この馬にセリ前に乗っているんです。オーナーのご厚意や縁があって、父の厩舎で新馬勝ちした後、開業と同時にうちの厩舎に来て重賞まで勝ってくれました。

カツゲキキトキト 牡5 (愛知/錦見勇夫厩舎)


馬ラエティBOX

写真提供:愛知県競馬組合


(錦見勇夫調教師)

 2〜3歳の頃に比べたら大人しくなりましたが、噛みに来たりとかヤンチャなところがまだありますね。でも、だいぶ大人になったと思いますよ。調教では物見して飛んでいくことがあるから大畑雅章騎手は嫌かもしれないけど。毎日5〜6個リンゴをあげているから、好きじゃないかな。ファンから応援の声を聞くし、なんとかダートグレードを1つ勝ちたいなと思っていて2,3着まではくるけど、なかなか…。JBCはさらに一線級が揃うけど、1つでも上の着順を目指したいですね。

クリソライト 牡8 (栗東/音無秀孝厩舎)


馬ラエティBOX

(平井裕介調教助手)

 特に名前で呼ぶとかはないですね。阿吽の呼吸で、僕が来たら顔を出すし、「どいて」って言ったらどいてくれます。この馬が2歳の時、僕も待機期間を経て30歳でトレセンに入って、その時からずーっと担当しています。先輩のホッコータルマエやコパノリッキーたちがいた頃は年下で遠慮していたようにも思いますが、もう8歳。気持ちよく走れるんじゃないですかね。でも、他の馬が嫌いなんですよ。レースでもそんな感じですよね。ダートグレード競走に出走する時は全休日の月曜日に調教ができるので、それが好きです(笑)。

ケイティブレイブ 牡5 (栗東/杉山晴紀厩舎)


馬ラエティBOX

(房野陽介調教助手)

「ケイティ」って呼んでいます。基本的にやることが狂暴かな(苦笑)。でも、悪さをしようとしているわけじゃないと思うんです。馬房でも迂闊に触ると立つけど、他はいたって普通の馬かな。エサの好き嫌いもないし。

サウンドトゥルー セン8 (美浦/高木登厩舎)


馬ラエティBOX

(中垣功調教助手)

 性格は大人しいですね。競馬とかは堂々としているように見えるのですが、意外と繊細なところがあってビビりなんです。競馬が近づいてきてピリピリしているせいもあるのかもしれないですけど、自転車が通ったり、バイクが通ったりすると、驚いてUターンしたり(笑)。でも競馬に行ってしまうと、そういうところは見せないです。優しい馬なので他の馬に対して耳を絞ることもないですし、誰とでも仲良くできるタイプですね。厩舎には兄弟(ルールソヴァール・セン6・OP、アナザートゥルース・セン4・1600万下)もいますけど、この子が1番大人しいと思います。1度、攻め馬で兄弟3頭揃ったことがあったのですけど、わりと仲良くしていました。

 人参は大好きですね。人参を切っている音がしたら「切ってるのかなあ?」って馬房から顔をのぞかせています。あと水を口に含ませてから飼い葉を食べるのが癖ですね。

 この馬の担当になって3年目に入ったところですが、すべてが思い出ですね。G1に出させてくれたのもこの子が初めてで、ましてや勝ってくれましたから。それにG1を取ってもJRA賞は受賞できないじゃないですか。それがその舞台にまで連れていってくれました。僕が知らない世界にどんどん連れていってくれて、この子には感謝しかないですね。担当し始めた2年前と、乗っている雰囲気も馬体の張りも変わらないですし、気持ちが若いですね。だから走ってくれるのかもしれません。どんな舞台でも追い込んできてくれますし、あとは展開が向いてくれればと思います。

サンライズソア 牡4 (栗東/河内洋厩舎)


馬ラエティBOX

(芦谷弘二調教助手)

「ソア」とか「ソアくん」って呼んでいます。ビビリで神経質なところがあるので、パドックであの装備(ホライゾネットにシャドーロール)をしています。周りのことが気になってしょうがないタイプで、この間までは近くの小学校が運動会の練習をしていて、その音をずっと気にして聞いていました。ほら、今も何か気になっているのか目を丸めて聞いているでしょ!?周囲にアンテナを張っているから、野生だと肉食動物から果てしなく逃げられると思いますよ(笑)。5000mダートを圧勝するようなすごいスタミナがありますしね。パドックでは自分のペースで歩けるように1番後ろを曳いています。


シュテルングランツ 牡7 (浦和/小久保智厩舎)


馬ラエティBOX

(田中一英厩務員)

 シュテルンは顔立ちがカッコいいですよね。青草が大好きでいつもムシャムシャ食べています。涼しくなって、馬も元気になってきました。厩舎では大人しくて落ち着いていますが、レースが近づくと敏感に反応してピリピリしてきます。特に、競馬場に着いてから準備をしようとすると、手入れもできないくらいに激しくなるのですが、装鞍所では大人しく鞍付けをさせてくれます。気は入るけどすぐに落ち着いてくれるので、その切り替えは早いです。周りに馬がいると勝ち気で闘争心も出てくるので、レースにいっていい方に向いていると思います。

センチュリオン 牡6 (美浦/田村康仁厩舎)


馬ラエティBOX

(堀江直哉調教助手)

 僕はニックネームはつけてないのですが、子供が「セリオ」と呼んでいます。普段は割と大人しくて悪いことはしないんですけど、他の馬が近寄るとちょっと怒ったりはします。人に対しては何もしないですけどね。特に苦労もなく、順調にここまで来ています。普段乗っていても稽古でもスイッチが入らないタイプですね。上がりのタイムも稽古だと15秒くらいかかったり、新馬に置いていかれたりもしますので、調教では判断はできない馬だと思います(笑)。レースと調教がはっきりわかっていて、普段は余計なことはしないですね。輸送の時も、馬運車の中で何もしないでジーッとしています。今回の京都への輸送も大丈夫だと思いますね。

タガノゴールド 牡7 (兵庫/新子雅司厩舎)


馬ラエティBOX

写真提供:新子雅司調教師


(武田裕次厩務員)

「ゴールド」って呼んでいます。馬房では大人しくてマイペースな馬ですよ。園田競馬場にやって来た時、馬運車の中で首を振り回している姿を見たので「うるさい馬なんだろうな…」と思い、初めて乗り運動する時は腰にコルセットを巻いて手袋も真新しいものをつけて挑んだんです。そしたら、のそ〜っと牛みたいに歩いて、「えっ!!」って(笑)。そういうマイペースさがあるんでしょうね。嫌なものは「イヤー!」って自己主張もしますし。でも、食べ物の好き嫌いはないですよ。

テイエムジンソク 牡6 (栗東/木原一良厩舎)


馬ラエティBOX

(吉永貴幸厩務員)

「ジン」って呼んでいます。前よりは大人しくなりましたね。悪いことをしようって気はないんですが、元気がよくてヤンチャって感じかな。構ってほしいタイプで、甘えているつもりなんやと思うけど、1馬力なので(笑)。無口をつける時もジャレて噛もうとしてくるんですよ。やることが分かっているので、危なくないですけどね。1頭だとボーっとしている時もありますが、人間がいるとソワソワした感じです。

ノンコノユメ セン6 (美浦/加藤征弘厩舎)


馬ラエティBOX

(石井聖司厩務員)

「ノンコ」と呼んでいます。僕には従順なんですけど、運動に出ると気が強くて周りの馬を蹴散らしたいタイプです。新馬の時からそうだったのですが、他の馬を見下している感じがありますね。サウンドトゥルーとはよく同じレースになりますけど、おっとりしていそうですし、良い先輩ですね。多分ノンコはサウンドトゥルーをわかっていると思います。こちらが曳き運動をしていて、サウンドトゥルーが乗り運動をしている時に会ったのですが、蹴るような仕草をしていましたから。去勢した後は少し大人しくなったのですけど、今年に入って以前の感じが戻ってきました。でも馬房の中では大人しいんです。

 好きな食べ物は人参ですね。飼い葉に人参を混ぜているんですけど、真っ先に食べます。人参を全部食べ切ってから、残りの飼い葉を食べます。

 この馬に関しては、思い出やエピソードがたくさんあり過ぎますね。今年の1月、根岸Sに勝った時は嬉しかったです。手応えは感じていましたので、それなりの結果は出るかなと思っていたのですが、あれだけのパフォーマンスが戻ってきてくれましたから、泣きそうになりました。でもここは泣くところではないなと…。フェブラリーSで泣こうと思っていたんです。でもフェブラリーSでは泣けませんでした(笑)。嬉し過ぎてそれどころではなくなってしまって。負けても勝っても一生懸命走ってくるところが、いじらしくて可愛いですね。本当になついてくれていて、僕が行くと顔をすり寄せてくれるんですよ。

パルトネルラーフ 牡5 (美浦/高木登厩舎)


馬ラエティBOX

(多田創太厩務員)

 無駄なことはしないですし、悪さもしないですし、乗り運動をしている時はすべて言うことをききます。乗っていない時には、後ろにすごくうるさい馬がいたりして怖いことがあると立ち上がりますね。僕が小さいですし、大きい馬なので立ち上がっちゃうと…(笑)。でも乗っているとそれはないんです。

 普段はパルトと呼んでます。馬名には声を出して笑うというような意味があるみたいですけど、これだけ走ってくれて十分笑うことができています(笑)。人参が好きですね。人参を切らないで丸々あげても、アゴが強いので噛み砕きます。耳の後ろをブラシすると喜ぶので念入りにしてあげていたら、じゃれて噛みつかれて肉がちぎれたかと思いました。いまだに跡が残っています。

 この馬は他の馬を誘導していく、リーダータイプだと思います。他の馬や人間を蹴ったことも一度もないですね。ただオープンに上がって、最近トゲトゲした雰囲気を出しているんですよ(笑)。これまで担当した中で、ここまで従順な馬はいなかったですし、可愛いですね。走ってくれますし、飼い葉食いも落ちないですし、最高な馬です!

マイネルバサラ 牡5 (美浦/松山将樹厩舎)


馬ラエティBOX

(諸富建吉調教助手)

「バサラ」って呼んでいます。つまらなくてすみません(笑)。性格はマイペースなB型です。担当の僕と同じです。遠くの物音が気になるのか、遠くを見つめるのが好きなんですよね。食べ物は人参が好きですね。人参を見ると目の色が変わります。特に仲良しの馬はいませんけど、どんな馬とも仲良くできるタイプです。

 新馬戦が思い出ですね。レース前、結構期待はしていたのですけど、11番人気と人気がなくて周りの評価もあまり高くなかったんですよ。それでいて結構すごい勝ち方をしてくれましたので、ここまでとは思いませんでしたが、将来いいところまで行けそうな気はしていました。

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

netkeiba豪華ライター陣がお届けするエンタメコーナー。今まで味わったことのない競馬の面白さを体感してください!

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング