スマートフォン版へ

「めっちゃ可愛い」思い入れたっぷりの期待の2歳馬

  • 2018年11月13日(火) 18時00分
太論

▲今回は期待している2歳馬やお世話になっている厩舎について語ってくれました


今回のテーマは、小牧騎手が期待している2歳馬。質問に答えるかたちで1頭の馬名を挙げ、「どんな競馬でもできるようになってきた」とその期待を語ってくれました。小牧騎手にしては珍しく「めっちゃ可愛い」と思い入れもたっぷり。その思い入れの背景には、お世話になっている厩舎の存在がありました。(取材・文:不破由妃子)


お世話になっている厩舎の馬は、やっぱり力が入るね


──今回は2歳馬についてのリクエストがきています。「毎週小牧太ジョッキーの単勝馬券を買っています。小牧ジョッキーの大ファンです。小牧ジョッキーの期待している若馬の名前を教えてください。クラシックで活躍する小牧ジョッキーの姿を見たいです。これからも頑張ってください!」

小牧 2歳馬はあんまり乗ってないからなぁ…あ、キョウワドリヴンは期待できそうやね。

──2着、2着ときている馬ですね。そういえば、11月4日のレースでは、鞭の使用について戒告があったような…。

小牧 そうやねん。鞭の叩きすぎで戒告をもらってしまった。僕ね、あんなに叩いたのは初めてかもしれん。馬が伸びんから、おかしいなと思って。というのも、4コーナーを割れた時点で勝てると思ってたから。なんや久しぶりに意地になってしまったわ。

──小牧さんの鞭は一発一発が重い印象ですが、たしかに連打することはあまりないですものね。

小牧 そうでしょ? 伸びるはずやのに伸びなくて、かわせなかったから…。前回も今回も、勝てると思って乗っていたからね。だから余計にショックでした。あの日は3Rと4Rしか乗っていなかったから、キョウワドリヴンで3Rを勝って、そのあと気分良く映画を観に行こうと思っていたんやけど。

──“気分良く”というのも、その日の予定のなかに入っていたんですね(笑)。

小牧 そうそう(笑)。観る映画も時間も“気分”も決めていて。それくらい自信があったから。ものすごく集中していたし、本当に残念やったわ。

──ちなみに、そこまで予定を組んで何の映画を観たんですか?

小牧 地球外生命体に体を乗っ取られる男の人の話で、『ヴェノム』っていうタイトルやったかな。

──小牧さんはホントにジャンルを問いませんね(笑)。

小牧 うん、何でも観るよ。『ヴェノム』は気持ち悪いシーンとかいっぱいあるのかと思ったら、そうでもなかった。娘とふたりして生ビールを片手に楽しんできましたわ。

──ひかりさんも男前!

小牧 そうやね(笑)。まぁその日は“気分良く”とはいかなかったんやけど、次は必ず。キョウワドリヴンは、まだまだチャンスのある馬やからね。

──レース後、「子供っぽいぶん、上積みがありそうだ」とコメントされていましたものね。

小牧 うん。まだまだこれからや。どんな競馬でもできるようになってきたしね。

──そういえば、キョウワドリヴンについては、『スポニチ』のコラムでも取り上げてらっしゃいましたよね。「めっちゃ可愛い」と書いてあって、小牧さんがそんなこと言うなんて珍しいなと思っていたんです。

小牧 普段のキャンターからずっと乗っていたから、コラムでも取り上げたんやけどね。とにかくおとなしいんですわ、あの馬。

──普段のキャンターから乗っていること自体、珍しいことなんですか?

小牧 いや、(調教を手伝っている)笹田厩舎の馬には、追い切りだけではなく普段から乗ってるよ。水・木・金と乗ってるからね。

──そんななかでも、キョウワドリヴンはおとなしくて可愛いと。

小牧 うん。普段はすごくおとなしいんやけど、ちょっとしたことで怖がる面もあって。ちょいちょい怖がって、ビックリしとるわ(笑)。そうやって普段の様子を見ながらずっと乗っていると、やっぱり可愛いなぁと思うよね。

──なるほど。たしかにそういう関係性にある馬は、レースでも力が入りますよね。

小牧 入るね。かといって、戒告をもらっとったらアカンのやけど。馬との関係性もあるけど、やっぱり手伝っている厩舎は力が入る。橋口弘次郎厩舎もそうやったけど、お世話になっているぶん、思い入れもあるからね。
太論

やっぱり手伝っている厩舎は力が入るね

質問募集
太論 / 小牧太
このコラムでは、ユーザーからの質問を募集しております。あなたから
コラムニストへの「ぜひ聞きたい!」という質問をお待ちしております。
質問フォームへ

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1967年9月7日、鹿児島県生まれ。1985年に公営・園田競馬でデビュー。名伯楽・曾和直榮調教師の元で腕を磨き、10度の兵庫リーディングと2度の全国リーディングを獲得。2004年にJRAに移籍。2008年には桜花賞をレジネッタで制し悲願のGI制覇を遂げた。その後もローズキングダムとのコンビで朝日杯FSを制するなど、今や大舞台には欠かせないジョッキーとして活躍中。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング