スマートフォン版へ

【W.ビュイック騎手】マイルCSでGI制覇 ゴドルフィンの主戦を務める“世界の名手”の素顔

  • 2018年12月02日(日) 18時02分
今週のface

▲イギリスのTOP3、ゴドルフィンの主戦も務めるウィリアム・ビュイック騎手 (C)netkeiba.com


マイルCSをステルヴィオで制したウィリアム・ビュイック騎手。念願の日本のGIタイトルを手にしました。ノルウェー出身の30歳で、本拠地はイギリス。ランフランコ・デットーリ騎手、ライアン・ムーア騎手と並んでTOP3と呼ばれ、ジェームス・ドイル騎手と共にゴドルフィンの主戦として世界中のビッグレースで活躍しています。今回が7カ国目のGI制覇。世界をまたにかける名手の素顔に迫ります。

(取材・文:編集部)


ステルヴィオは海外に出ても十分に戦えるポテンシャル


――マイルCS優勝おめでとうございます。JRAのGI初勝利となりました。

ビュイック ありがとうございます。ずっと日本でGIタイトルを取りたいと思っていたので、僕の騎手人生においても特別な瞬間になりました。

今週のface

▲ペルシアンナイトをアタマ差凌いで勝利 (C)netkeiba.com


――レースのことからお聞きしたいのですが、ステルヴィオとの初コンタクトは最終追い切り。どんな可能性を感じましたか?

ビュイック 追い切りで跨った時点で「完璧に仕上がっているな」と感じました。実際その通りで、最後の直線で僕が追い出した時には飛んでいくんじゃないかと思うくらい勢い伸びてくれたので、これなら本番でも期待できると思いました。

――かなりの期待を持ってレースを迎えられたんですね。

ビュイック 枠順も、幸運にも1枠1番だったので、スタートを上手く切れれば中団よりも前で流れに乗る、そうでなければステルヴィオの末脚を生かす競馬をイメージしていました。木村調教師が僕を信じてくれ、スタート後は僕の感覚に任せると言ってくださったので、その期待に応えたいと思い、スタートは特に集中しようと思っていました。

続きはプレミアムコース登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

ジョッキーや調教師など、毎週“旬”な競馬関係者にインタビュー。netkeiba特派員がジョッキーや調教師、厩舎スタッフなど、いま最も旬な競馬関係者を直撃。ホースマンの勝負師としての信念から、人気ジョッキーのプライベートまで、ここだけで見せてくれる素顔をお届けします!

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング