スマートフォン版へ

【チャレンジC】トニービンの持続力がモノを言う一戦

  • 2018年11月25日(日) 18時00分
ダンビュライト

▲チャレンジCに出走予定のダンビュライト(撮影:下野雄規)


昨年からまた阪神芝内2000mのG3に戻ったが、内2000mで行われた直近4年(17年、11年、10年、9年)の勝ち馬、サトノクロニクル、ミッキードリーム、キャプテントゥーレの3頭は、いずれもトニービンの血を父か母から受けている。3〜4角から仕掛けてロングスパート戦になりやすいコース形態で、意外にトニービンの持続力がモノを言うようだ。取り上げた5頭の中ではダンビュライトがトニービンの血を引いている。(解説:望田潤)


レイエンダ
 レイデオロの全弟でゴルトブリッツの甥。牝祖ウインドインハーヘアはディープインパクトなどを産んだ名繁殖。このレディブロンドの枝は代々トムフールのニアリークロスを重ね、機動力や自在性に富むのが特長といえる。本馬も東京で差しに回ってもいいし、小回りで好位から

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

競馬ライター。血統評論家。育成牧場従業員を経て競馬通信社編集部に在籍、そこで笠雄二郎著「日本サラブレッド配合史」の影響を強く受ける。サイト「血統屋」「競馬道ONLINE」月刊誌「サラブレ」「ECLIPSE」などで血統に関するコラムや予想を執筆中。共著「パーフェクト種牡馬辞典2018-2019」も好評発売中で、馬主・生産者の配合アドバイザーも務める。ブログ「血は水よりも濃し」http://blog.goo.ne.jp/nas-quillo

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング