スマートフォン版へ

【最速ジャパンC回顧】「アーモンドアイは怪物」ライバルも驚く強さ

  • 2018年11月25日(日) 18時05分
ミルコ騎手最速レース回顧

▲メンタル、体調面も良くなり、『これなら』と思ってスワーヴリチャードと挑んだジャパンカップを回顧 撮影:下野雄規


開催終了直後にミルコ騎手が自身のレースを振り返る当コーナー。今週ピックアップするレースは、スワーヴリチャードと挑んだジャパンC。

前走の天皇賞(秋)の悔しさを晴らすレースをすることを心に誓い、スワーヴリチャードもその思いに応えてくれた。しかし、その前方には異次元の牝馬の姿が…。

(※その他、ミルコ騎手が当週のレースへの手応えを語る「今週の手応え」、マネージャーさんが素顔のミルコ騎手を激写する「ミルスタ」、新サービス『週刊netkeiba』オリジナルコンテンツとなります)


頑張って最後まで走ってくれたけど、あのタイム…


 Ciao Mi Chiamo ミルコです!

 早速だけど、今日のレース回顧をしましょうか。今週はさっき終わった、ジャパンカップ。

 なんと言っても、アーモンドアイの強さに改めて驚かされた。タイムも異例の速さのレコードで、まさに怪物だった。

 今回は

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1979年1月11日、イタリア生まれ。弟のクリスチャン・デムーロはイタリアのジョッキー。1997年から4年連続でイタリアリーディング。1999年に初来日。2003年、ネオユニヴァースの皐月賞でJRAGI初制覇。続くダービーも制し、外国人ジョッキー初の東京優駿制覇。2015年3月1日付けでJRAジョッキーに。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング