スマートフォン版へ

ダート界の世代交代はあるのか!? チャンピオンズCの追い切りチェック!

  • 2018年11月28日(水) 18時00分

3歳馬の存在が鍵になりそう


 先週のジャパンカップ当日は、イベントがあって東京競馬場。パドックもレースもライブで観ることができましたが、◎アーモンドアイに関してはパドックを観た時点で「この馬で悔いなし」と思えるほど、素晴らしい状態でした。古馬との初対戦でも、全く臆することなく、瞳をキラキラとさせる姿に「さすが」と思うしかありませんでした。

 ひょっとしたら、これを負かすんじゃないかという素晴らしい四肢の動きだった▲キセキ。この馬の頑張りがあったからこそ、2分20秒6という、とてつもないレコード決着が生まれたと思います。△スワーヴリチャードだって、シュヴァルグランだって、6着の○サトノダイヤモンドだって、現状で走れるだけ走っての結果だという気がします。

 今週はチャンピオンズカップ。1番人気は再び美浦所属馬となりそうですが、今度は栗東所属馬も黙っていないはず。人気の有無に関係なく、同じく3歳馬の存在が馬券を面白くしてくれそうです。

【チャンピオンズC/ケイティブレイブ】

 ローテーション的には前回と今回が同じ中3週。勝ったJBCクラシックでは2週前追い切りが坂路、1週前追い切りがCW、最終追い切りが坂路というパターンでした。しかし今回は2週前追い切りはなく、1週前追い切りがCWというだけ。この動きが素晴らしかったこともあってか、先週末も時計は出していません。

 最終追い切りは前回と同じく坂路で、4F53.6秒。最後は仕掛けられながらの登坂でしたが、2F25.1秒は優秀といってよいと思います。動きだけを見れば、前走以上といってもよいのですが、本数が少なくなっている点をどう評価するか。この厩舎としては、中3週の2本はよくあるだけに、決して何かあったというわけではありません。ただ、この馬としては前走より本数が少ないというのは事実です。

ケイティブレイブ

前走より登坂本数が減ったのをどう評価するか(11月27日撮影)


【チャンピオンズC/オメガパフューム】

 魅力的だったのは1週前追い切り。過去に坂路2F25秒を切ったことがないのに、11月22日の坂路では2F24.8秒。ラップにすると、3F目12.3秒、4F目12.5秒ですから、3F目に速いラップを踏みながら、最後まで失速しなかったところがよいと思います。

 これを思えば、最終追い切りの3F目12.4秒から4F目13.3秒というラップの踏み方は決して良くないと思えてしまいますが、そこは問題なし。というのも前走がほぼ同じようなラップの踏み方でした。JDDでルヴァンスレーヴに付けられた0.3秒は決して小さくありませんが、あれから成長した今ならもっと接戦できて不思議ありません。

オメガパフューム

成長した今、接戦できても不思議でないオメガパフューム


【チャンピオンズC/サンライズノヴァ】

 近3走の最終追い切りはすべて坂路ですが、そのラップの踏み方が一定ではないというところがこの馬の特徴でもあります。前走時のように、2F目と3F目が速くて、4F目が失速しても走りますし、2走前のように後半2Fが速いラップというケースでも結果は出ます。

 今回のラップの踏み方は2走前に近いパターンになります。よって状態面に関しては気になるところはありません。問題はコーナーが4つの1800m。仕掛けどころも含めて、どんな位置取りでレースを進めるかが、最後の着順に大きく影響するような気がします。

サンライズノヴァ

位置取りが着順に大きく影響しそうなサンライズノヴァ(11月27日撮影)


【ステイヤーズS/アドマイヤエイカン】

 前走はラップだけ見ると、残り400m地点が最も速くなっていますが、それ以前も12秒そこそこのラップを踏んでいるので、ロングスパートになっています。それを2番手から凌いだ渋太さはなかなかのもの。今さらかも知れませんが、長い距離に適性が高いことを知りました。

 最終追い切りは距離を意識したのか、CWで最後まで余力を残した状態。それでも6F80.4秒と速く、併せ馬で遅れた点は全く気になりません。1F12.6秒でフィニッシュした後も、同じような脚を使いながら向正面の出口付近まで流していきます。一気に脚を使ってしまってはいけないと思いますが、じわっとスピードに乗せていけば、どこまででも伸びるタイプだと思います。

アドマイヤエイカン

長距離適性を感じられるアドマイヤエイカン(写真手前)


【チャレンジC/エアウィンザー】

 3連勝で重賞2度目の挑戦。1回目は共同通信杯でキャリアが浅い時でしたから、今回とは全く違う状況です。前走時と同じ中4週のローテーションですが、まず大きく違う点を指摘しておくと追い切り本数。前走より2本ほど少ない状態での出走となりそうですが、1週前追い切りがCWという点は今回も同じなので、さほど気にすることもないでしょう。

 最終追い切りもCW。これは前走時と同じですし、前走から大幅に時計を詰めた内容。いかにもここでどこまでやれるか、しっかり調整した内容での力試しといった感じがします。

エアウィンザー

前走と同じ追い切り内容でしっかり調整してきたエアウィンザー


◆次走要注意

・11/24 京都2歳S【ワールドプレミア】(2人気3着)

 デビュー前からあまり高い評価をできていませんが、今回も調教内容から無印。コーナー4つの競馬でどんな立ち回りを見せるか注目していましたが、やはり3コーナーから追っ付ける内容でした。

 あっさり惨敗すると思いきや、最後は盛り返して3着。この経験が良い方へ出れば、来年の飛躍へと繋がるとは思います。

[メモ登録用コメント] [芝中距離]最終追い切りでラスト1F最速ラップなら勝ち負け

◆今週の追い切り特報

・葉牡丹賞【ヴァンケドミンゴ】

 前走の福島芝2000mがデビュー戦と同じ位置取りでしたが、道中のラップの違いで強さを見せつけました。今回も前走と同じような流れになるはずですし、最終追い切りCWでの動きを見ていても、俊敏に動けるところは前走以上かも知れません。

【予想】井内利彰の勝負予想は『ウマい馬券』でチェック!

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

調教をスポーツ科学的に分析した適性理論「調教Gメン」を操る調教捜査官。著書に「調教Gメン-調教欄だけで荒稼ぎできる競馬必勝法」「調教師白井寿昭G1勝利の方程式」「100%激走する勝負調教、鉄板の仕上げ-馬の調子、厩舎の勝負気配は調教欄ですべてわかる」など。また「Beginners room」では競馬ビギナー向けに教鞭をふるう。 関連サイト:井内利彰ブログ

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング