スマートフォン版へ

【阪神JF&朝日杯FS】2頭の牝馬がGI席巻「シェーングランツ&グランアレグリア」の藤沢和雄調教師を直撃

  • 2018年12月02日(日) 18時02分
GIドキュメント

▲阪神JFで姉妹制覇を狙うシェーングランツと藤沢調教師


2週連続で、2歳チャンピオン決定戦がつづく師走の競馬。両レースに有力馬を送り込むのが、関東リーディング(11/28現在)の藤沢和雄調教師だ。阪神JFには、アルテミスSを勝利したシェーングランツ。阪神JF、オークスを勝っているソウルスターリングを姉に持つ彼女が、姉妹制覇へ挑む。さらに朝日杯FSには、2戦2勝のグランアレグリアが登場。牡馬相手にどんな競馬を見せるのか、2頭の手応えを指揮官が語る。

(文=編集部)


世界的な良血、血統的な裏付けがあるのは大きい


――アルテミスSでは大外一気の鮮やかなパフォーマンスを発揮しました。改めて振り返ってください。

藤沢 正直なところ、1600mのペースだと流れに乗っていけるかどうかを心配していたんだけどね。見ての通り、いい競馬だったと思いますよ。

GIドキュメント

▲アルテミスS、藤沢調教師も「いい競馬だったと思います」と (撮影:下野雄規)


――スタートで出遅れて後方からの競馬になりましたが、この馬の上がり3ハロンは33秒8。エンジンが掛かってからの加速が光りました。

藤沢 そうだね。ペースが速く流れてくれたこともあるけど、いい脚を使ってくれた。ユタカ(武豊騎手)も『直線で外に出したらフォームが変わった』と言っていたし、ああいう脚を使えるのはいいよね。たいしたものだと思いました。

――当初は1週前のアイビーSを予定していましたが…。

藤沢 そうそう。本来、もう少し長い距離のほうがいいんじゃないかと思っていたからね。札幌の2戦目で勝ったとき、クリストフ(ルメール騎手)も『オークス向き』と言っていたぐらい。穏やかな子でスタートも速くないし、1600mの流れは忙しいんじゃないかと思うところがあった。実際、そういう感じだったしね。でもまあ、ストライドが大きいし、広い東京競馬場で直線が長いコースは合うと思っていた。その通りだったね。よかったです。

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

有名予想家・ライターによるGIスペシャルコラムや、有力馬密着レポート、1週前からの調教レポートなど、GIレースの攻略情報をどこよりも詳しく、より濃密にお届けします。公開はプレミアムサービス限定となります。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング