スマートフォン版へ

【阪神JF】細江純子さんが出走予定10頭を馬体診断

  • 2018年12月03日(月) 18時00分
細江純子

▲「みんなのKEIBA」など競馬メディアで活躍を続ける細江純子さん


ホース・コラボレーターとして「みんなのKEIBA」などに出演。パドック診断が好評な細江純子さんに阪神JF出走予定の有力馬10頭の馬体診断を行っていただきました。


グレイシア

美浦・栗田徹厩舎 牝2


ゴールドドリーム

▲11月29日撮影


 2歳の牝馬にしては体のボリューム感もありますし、スッキリとした美人顔。それだけに気も強いというか、前向きな印象も受けます。また右前の脚の作りに特徴があるため、1戦毎に、右前の肩まわりや首筋の筋肉に硬さがでないか? 疲れ残らないか? がポイントになると思います。

シェーングランツ

美浦・藤沢和雄厩舎 牝2


ゴールドドリーム

▲11月29日撮影


 スラッとした体で肩まわりなどの窮屈さもなく、脚元もスッキリとみせています。今回、初めての1泊とまりの競馬となるだけに、その点は当日の体重も含めて課題となるとは思いますが、姉とは違い、レースで見せるユッタリとした運びからクリアできそうな期待がもてます。本質的には、もう少し距離があってもいい気はします。

ウインゼノビア

美浦・青木孝文厩舎 牝2


ゴールドドリーム

▲11月29日撮影


 胴が長く、体全体としてもゆったりとした作りをしており、マイルというよりは、もう少し距離がのびてもいいのかな? と思えます。これまで4戦しており、その内容も実に様々で、

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

相馬の達人たちがG1レースに出走する有力馬の馬体を診断します。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング