スマートフォン版へ

【川田将雅×吉田隼人×藤岡佑介】同期対談(1)『茨城出身の隼人騎手はタジタジ “方言”に左右されたパワーバランス』

  • 2018年12月12日(水) 18時02分
with 佑

▲(左から)吉田隼人騎手、藤岡佑介騎手、川田将雅騎手、年末企画の同期対談!


今回は川田将雅騎手、吉田隼人騎手と「競馬学校20期生」のプチ同期会を開催します。美浦所属の隼人騎手を交えての対談はなかなか難しいところですが、隼人騎手が栗東に滞在中のため実現に至りました。2004年に騎手デビューし、気がつけばプロ生活は15年に。特に今年は佑介騎手が初GI制覇、川田騎手はイギリスに長期滞在、そして隼人騎手が栗東での活動と、それぞれに変化があった一年。30歳を過ぎ競馬界を引っ張っていく世代として、いま胸に抱えているホンネを、同期同士でじっくり熱く語り合います。(取材・文=不破由妃子)


「今年の成績が伸びたのは、将雅の技術論を聞いたおかげ」


佑介 吉田くん、将雅、今日はよろしくお願いします! 同期会はたまにしてるけど、3人だけで会うのはものすごく久しぶりだよね。今ちょうど吉田くんが栗東で調教に乗っているから、いい機会だなと思ってさ。関西の雰囲気はどう?

隼人 雰囲気は好きだけど、上手く会話ができているかどうか…。人とのコミュニケーションの勉強も兼ねて頑張ってます(笑)。

佑介 35歳にして(笑)。でも、吉田くんは大人しすぎるから、関西のノリに揉まれてみるのもいいかもね。そのためにも、調教の合間の空いている時間は、もっとスタンド(朝の調教時の調教師や騎手の待機所)に顔を出したほうがいいよ。「お、隼人きてるのか」って話しかけてくれる人が絶対にいるから。

隼人 うん。美浦だとスタンドに行くという習慣があんまりなくて。

佑介 確かに美浦は、スタンドにジョッキーがあまりいないよね。

隼人 栗東に比べるとそうだよね。あと、俺の場合、あんまり話しかけられたくないのもあって(笑)。デビューした頃、よく兄貴(吉田豊騎手)と比べられたんだよね。1年目は3勝しかできなかったもんだから、いろんな人に「お前、もっと頑張れよ!」とか言われてさ。俺なりに頑張っているつもりでいたから、「これ以上どうやって頑張ったらいいのかわかんないし!」 と思って、話しかけられるのが苦手になってしまった。

with 佑

▲隼人「よく兄貴と比べられて…話しかけられるのが苦手になってしまった」


佑介 そうか、そんなトラウマがあったんだ。

川田 でも、スタンドで先輩ジョッキーがしてくれる他愛もない話が競馬につながることも多々あるからね。何気なく先週の競馬の話をしてるなかで、「あ、こんなこと考えてるんだ」とか「そんな見方をしているんだ」とか、刺激になることがけっこうあるなと俺は思う。

続きはプレミアムサービス登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

質問募集
with 佑 / 藤岡佑介
このコラムでは、ユーザーからの質問を募集しております。あなたから
コラムニストへの「ぜひ聞きたい!」という質問をお待ちしております。
質問フォームへ
with 佑とは
JRAジョッキーの藤岡佑介がホスト役となり、騎手仲間や調教師、厩舎スタッフなど、ホースマンの本音に斬り込む対談企画。関係者からの人望も厚い藤岡佑介が、毎月ゲストの素顔や新たな一面をグイグイ引き出し、“ここでしか読めない”深い競馬トークを繰り広げます。

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

1986年3月17日、滋賀県生まれ。父・健一はJRAの調教師、弟・康太もJRAジョッキーという競馬一家。2004年にデビュー。同期は川田将雅、吉田隼人、津村明秀ら。同年に35勝を挙げJRA賞最多勝利新人騎手を獲得。2005年、アズマサンダースで京都牝馬Sを勝利し重賞初制覇。2013年の長期フランス遠征で、海外初勝利をマーク。2018年には、ケイアイノーテックでNHKマイルCに勝利。GI初制覇を飾った。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング