スマートフォン版へ

アドマイヤマーズの影に隠れたNHKマイル有力候補を発見!/丹下日出夫のPOG手帖

  • 2018年12月17日(月) 20時02分
クラシックホースを探せ!

▲スーパープレミアムコースご登録でダイジェスト映像がご覧いただけます


『POGの王道』でおなじみの丹下日出夫が、ダイジェスト映像とともに週末に行われた全2歳戦のなかから、今後クラシック戦線で有力になるであろう若駒たちをピックアップしてご紹介! 今週の筆頭はもちろん朝日杯FSを制したアドマイヤマーズ…だけじゃない!その影に隠れたA評価馬が登場。丹下が半年も先のNHKマイルCに胸躍らせ、「重賞マイラー予備軍」と評す馬の名は?(※評価はS〜Eの6段階)

アドマイヤマーズ(牡2・ダイワメジャー×ヴィアメディチ)


■16日(日):阪神11R・阪神JF(GI)/芝1600m/1分33秒9(良)

 「マーズ」と名付けられた栗毛が躍動した。

 シルエットはダイワメジャー。しかし、産駒にありがちな単調な前腕駆動ではない。首の上下・左右の動きにリズムがあり、後肢の送りは深い。ピッチが上がると、一段ぐっと完歩が大きくなる。

「毛色はメジャーだけど、お父さんとは違うよ」という、M.デムーロのコメントは、このフォームのことを語っているのだろう。

 ギアチェンジに若干時間がかかるぶん、瞬発力勝負型に迫られるシーンもあったが、エンジンさえかかれば、新馬戦もデイリー杯も10秒台のラップを具体的な数字で計測していた。

 今日はスロー、グランアレグリアは二番手。ライバルの動きを見逃すはずはなく、呼吸や脚色をうかがいつつ3番手。後半4F・11秒8とレースピッチが上がるところを、ジンワリと加速。直線手前の3F・11秒3と上がったところで、踏み負けないよう勢いをつけ、ラスト2Fは11秒2-11秒9。レースの上りが34秒4に対し、自身のソレは33秒9。小雨交じりの曇天下の中、時計は1分33秒9。記録とすれば先週の阪神JFよりわずか0秒1速いだけに映るが、着差や後半4Fのラップ形態を見ると

続きはスーパープレミアムコース登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらから ログイン

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

netkeiba.comが送る競馬動画配信サービス。ドキュメント・バラエティ・インタビュー・予想など、様々な角度から企画を展開するとともに、“最旬”を捕らえたシンプルかつ丁寧なクオリティを追求!

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング