スマートフォン版へ

JRA対地方それぞれのプライドをかけた見どころ満載の一戦/兵庫ゴールドトロフィー

  • 2018年12月26日(水) 18時00分

JRA所属馬が創設以来の連勝を“18”に伸ばすのか?


 12月27日(木)園田競馬場で行われる『第18回兵庫ゴールドトロフィー(1400m・JpnIII・ハンデ戦)』。第1回から優勝馬はJRA所属馬が独占していますが、過去の傾向を見ると注目ポイントとしてリピーターの活躍、人気薄の高齢馬、さらに地方勢が上位に来ることが多い一戦。中でも地方勢に関しては過去5年でも2013年2着6番人気エプソムアーロン(高知)、2014年2着4番人気ジョーメテオ(浦和)・3着7番人気サクラシャイニー(高知)、2015年3着4番人気ポアゾンブラック(北海道)、2017年2着2番人気ラブバレット(岩手)と毎年のように馬券圏内に好走。今年もこの傾向は続きそうで、馬券検討をする上で地方馬のチェックは欠かせません。

 JRA、地方ともに見どころたっぷりの面々が揃った今年のメンバー。それではご紹介していきましょう。

 JRA勢の筆頭はマテラスカイ。4歳になった今年“逃げ”に徹して結果を出し続けている有力馬。3月のドバイゴールデンシャヒーン(5着)でも世界の強豪相手に先行、その後連勝で制したプロキオンSではレコード勝ち。前走・JBCスプリントでも果敢に逃げて2着と「負けて強し」のレースぶりで天下一品のスピードを見せつけました。

 今回、大外枠になりましたが、プロキオンSも外枠からの競馬で結果を出しており問題はなさそう。初めて背負う58kgとコーナーを4回まわる小回りコースへの対応が不安材料ではありますが、鞍上に地元兵庫で今年277勝(12月25日現在)を挙げているリーディングジョッキー・吉村智洋騎手を迎えているのは心強い限り。勝利への道を導いてくれるに違いありません。

小回りコースに不安材料があるものの、逃げに徹して結果を出しているマテラスカイ(写真は18年プロキオンS優勝時、(c)netkeiba.com)


 サクセスエナジーは今年の春、かきつばた記念とさきたま杯、1400mのダートグレード競走を2勝している実績馬。プロキオンSではマテラスカイの4着。この秋は東京盃(大井・JpnII・7着)、霜月S(東京・OP・5着)と2走。前走は逃げ馬を早めに捕らえに行っての0秒1差の5着で見どころ充分。叩き3戦目の今回、さらなる上を目指します。

今年の春に1400mのダートグレード競走を2勝しているサクセスエナジー(写真は18年さきたま杯優勝時、撮影:高橋正和)


 サンライズメジャーはこれまで芝の1400〜1600mで活躍していたオープン馬で、9歳になった今年ダート路線に転向。初ダートだった4月のかきつばた記念でいきなりサクセスエナジーの3着に健闘。6月のアハルテケS(東京・OP)でもサンライズノヴァの2着と、ダートの重賞戦線で上位を狙える存在であることを印象付けました。高齢馬とも相性がいいこのレースで、あっと言わせる走りを見せてくれるかもしれません。

サンライズメジャーは高齢馬とも相性がいいこのレースで、あっと言わせる走りを見せられるか?(写真は18年かきつばた記念出走時、撮影:高橋正和)


 ウインムートは昨年のサマーチャンピオン3着、今年のプロキオンSでマテラスカイの3着とダートグレード競走では3着が最高ですが、全兄はこのレース4戦1勝2着2回のドリームバレンチノ。2013年1着、2015年と2016年2着、さらに昨年10歳で出走し6着。兄の走りからも相性抜群の血が騒ぎ、園田の地で覚醒するかもしれません。

ウインムートは兄の走りからも相性抜群の血が騒ぐか!?(写真は18年天保山S優勝時、(c)netkeiba.com)


 このレース初の地方馬による勝利を目指す今年の地方馬たち。各地からこの路線の有力馬が揃いました。

 地元兵庫のエイシンバランサー。JRA時代オープンクラスから今年6月に転入、3戦目の佐賀・サマーチャンピオンを制しダートグレード競走初制覇。続く東京盃(大井・JpnII・1200m)は10着に敗れましたが、前走・笠松グランプリを含め、転入後は1400m戦で3戦3勝。ブルミラコロ、ヨシオらJRA勢を差し切ったサマーチャンピオン、ゴール前で2着をスッと放した前走・笠松グランプリの走りをみると今回も展開がはまれば上位争い必至の存在。

サマーチャンピオンを制したエイシンバランサーは展開がはまれば上位争い必至(写真は18年サマーチャンピオン優勝時、撮影:稲葉訓也)


 兵庫・新子雅司厩舎所属のもう1頭のダートグレード競走勝ち馬・エイシンヴァラー。昨年は5着でしたが、今年3月の高知・黒船賞を制覇。その後は結果が出せない戦いが続いていますが、不良馬場の中9番人気でJRA勢を撃破した黒船賞の再現に警戒です。

今年3月の黒船賞を人気薄で制したエイシンヴァラー(写真は18年黒船賞優勝時、提供:高知県競馬組合)


 9歳馬・高知のサクラレグナムは7月の習志野きらっとスプリントでアピアの3着、さらに前走・笠松グランプリでエイシンバランサーの2着とまだまだ元気いっぱい。2014年にこのレース3着だったサクラシャイニーと同じ田中守厩舎所属、鞍上も同じ赤岡修次騎手で、前走に続いての上位を狙います。

9歳馬のサクラレグナムはまだまだ元気いっぱい(写真は18年習志野きらっとスプリント出走時、撮影:高橋正和)


 兵庫のアールプロセスは転入初戦の前走を勝ったばかり。JRA所属時代は2017年2月の大和S(京都・OP・1200m)2着、3月の千葉S(中山・OP・1200m)3着などオープンクラスで上位争い。前走に続いて鞍上・川原正一騎手とのコンビで、ノーマークにすると怖い存在。

転入初戦の前走を勝ったばかりのアールプロセスは怖い存在(写真は15年三峰山特別優勝時、撮影:下野雄規)


 今年もJRA所属馬が勝利を挙げ、創設以来の連勝を“18”に伸ばすのか? それとも地方所属馬による初勝利なるか? 人気になりそうなマテラスカイは大外枠から逃げるのか? 地元兵庫・新子雅司厩舎の2頭、エイシンバランサーとエイシンヴァラーの勝負は? などなど注目ポイントが次から次へと出てくる、非常に楽しみな一戦です!

※次回の更新は12月28日(金)18時。翌日に大井競馬場で行われる「東京大賞典」のコラムをお届けします。

兵庫ゴールドトロフィーの出馬表はこちら→→→
場外発売所一覧はこちら→→→
園田競馬のホームページはこちら→→→
地方競馬情報サイトはこちら→→→

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

このコラムの通知を受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済

埼玉県出身。フリーアナウンサー。競馬好きが高じてこの世界へ。2001年から15年間、グリーンチャンネルで「中央競馬全レース中継」のキャスターを務める。2016年度から「グリーンチャンネル地方競馬中継」のコメンテーターとして出演。さらに全国各地の競馬場のトークイベントに参加するなど、中央競馬・地方競馬の垣根を越えて活躍中。

バックナンバー

新着コラム

アクセスランキング

注目数ランキング